FC2ブログ
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020. 8.11 火曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


■ 叔父とは親子みたいな関係

自分の居住地町に、母の弟(叔父)が農家をしていたのだが、数年前に他界した。

自分の生まれも、叔父の生まれも別な町だったが、縁あって同じ町に住んでいた。

叔父の連れ合い(叔母)が他界してからは・・・叔父は寂しかったのだろう・・・。

母の生前も母が他界してからも、何度も我が家に遊びに来ていた。

自分の父親は47年前に若死にしていたので、叔父は父親代わりのようだった。

普段から愛妻とよく叔父の思い出話をするが、お盆が間近になると特に思い出す。


■ 叔父に「はんかくさい」と言う(笑)

その父親みたいな叔父と話をしていて、いかにも年寄りが考えそうな話をした。

自分らの年代から考えると、それはいかにも正常な意見ではなかったので・・・。

つい叔父に向かって「はんかくさいことは言わない」と言ってしまった・・・。

「はんかくさい」とは北海道の方言のようで・・・「ばかげた」「あほらしい」の意。

本来は、目上の者に向かって発する言葉ではないのだが・・・親しいので・・・。

しかも自分が言ったのではなく、愛妻が言ったのだ・・・(大笑)。

愛妻も実父を還暦前に無くしていたので、父親のような親しみを込めての話し・・・。

叔父亡きあとも、夫婦2人でその「はんかくさい」と言った話を時々思い出している。


■ 北海道の方言も結構多い

どかゆきで なまら すがもりしたので おんじが ねっぱるテープで つっぺした。

無理やり方言を並べたので、正しい北海道弁とは言えないのだろうが・・・。

訳すと「大雪で すごく 雨漏りしたので 弟が 粘り付くテープで 栓をした」。

おぞい:「お粗末だ」  かしがる:「かたむく」  げれっぱ:「最下位」

ばくる:「取り替える」  こわい:「疲れた」  ごんぼほる:「だだをこねる」

ゆるくない:「容易ではない」  こまい:「小さい」  はっちゃきになる:「夢中になる」

北海道の方言は、ひでさんの石川県方言と違い意外とわかりやすいと思うが・・・。

「はんかくさい」も、方言と知らずに使っていたのだが、言葉に愛嬌が有る・・・。

自分の家の墓は13日の墓参りだが、その叔父の墓参りは明日行くことにしよう・・・。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.08.11 Tue l 北国特有の暮らし l コメント (10) l top