FC2ブログ
にほんブログ村 にほんブログ村へ2020.10.21 水曜日       出発  2 日目

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


出発地点  北海道 伊達市 道の駅 だて歴史の杜  

到着地点  北海道 岩内町 道の駅 いわない  

本日走行距離   135 km   累計走行距離    315 km

本日の旅の行程地図  Aは出発点  Bは到着点
20201021(0).jpg


■ 道の駅 だて歴史の杜

目覚めた道の駅は、何度もお世話になっている だて歴史の杜。

20201021(2)R.jpg

昨夜テレビが映らなくて、隣の道の駅から引っ越してきただけあって・・・。

アンテナを延ばさなくても、電波の方角に向けるだけでフルセグで映る。

道の駅駐車場には、城の門を思わせる立派な構築物が有る。

20201021(5)R.jpg

門の中は多目的公園になっていて、石垣の奥には芝生が見える。

20201021(7)R.jpg

石垣を利用して、巣をつくっているのか、何組もたむろしていた。

20201021(8)R.jpg

写真を写したので、カメラ(黄色線の位置に入る)はないが、手作りのBOX。

20201021(12)R.jpg

リモコンボックスを真似て、薄い板で作った小物入れ・・・。

意外と置き場に困る、カメラや電話、タブレット、眼鏡、時計などを入れる。


■ 洞爺湖の周りを走る

2年前の10月末に、紅葉が綺麗だった洞爺湖周辺を走ることにした。

20201021(19)R.jpg

この辺りの紅葉はきれいに染まっているが、全体的には少し早いのか・・・。

20201021(21)R.jpg

2年前に来たときは10月26日だったし、今年の紅葉は遅いらしいので・・・。

もう1~2週間、遅くした方が良いような気がするが・・・。

こんな変わったモニュメントも有ったり・・・。

20201021(23)R.jpg

20201021(24)R.jpg

水が綺麗で、7cmほどの稚魚(ヒメマス?)が何匹も集団で泳いでいた。

20201021(29)R.jpg


■ 浮見堂公園に寄る

洞爺湖に張り出した岬の先に、「浮見堂」があり、周りは公園になっている。

公園には、いくつものモニュメントも設置されていた。

20201021(33)R.jpg

下の写真アーチは、数十もの石を組み立ててアーツにしてある(石に番号が有る)

20201021(34)R.jpg

大正時代に北国行脚の旅僧が、聖徳太子の木造を旧洞爺村にもたらされたようだ。

その聖徳太子像を納めるため、1937年に地元の人が二重の塔「浮見堂」を建てた。

20201021(36)R.jpg

20201021(40)R.jpg

お堂の中には、写真が反射してわかりにくいが、聖徳太子の木造が鎮座している。

20201021(41)R.jpg

こんな変わった彫刻?もあり、これって何がモデルなんだろう。

20201021(42)R.gif

洞爺湖の一部には、紅葉が見れるところもあるが・・・。

20201021(46)R.jpg


■ 羊蹄山(蝦夷富士)周辺

洞爺湖を離れるころ、道端に農家の直売店があり、リンゴを購入する。

20201021(48)R.jpg

すでに一部を食べてしまったが、6個入って500円の傷ありリンゴ・・・。

洞爺湖をはなれると、間もなく羊蹄山(蝦夷富士)が見えてくる。

20201021(49)R.jpg

よく見ると山頂が白い部分もあり、初冠雪なのだろうか・・・。

20201021(50)R.gif

写真はないが、道の駅 ニセコビュープラザで、トイレ休憩し・・・。

ソフトを食べながら、しばし休憩時間を取った。


■ ブロ友おすすめの黄金温泉

去年、石川県からブロ友のひでさん(現在四国巡礼中)が北海道に来ていて・・・。

蘭越町の「黄金温泉」に寄ったとき、テレビの取材を受けていたのだが・・・。

2019年5月16日のブログ記事に、その様子が書かれていた(記事にリンク)。 

側を通ったので、その事を思い出し、その温泉に寄ることにした。

以前に建物の前まで来たことが有るが、時間がなくて様子を見て立ち去ったのだが。

20201021(64)R.jpg

貸切だったので、内湯の写真を撮らせてもらった。

20201021(62)R.jpg

ついでに、露天風呂も人がいなかったので・・・パチリ・・・・・。

20201021(63)R.jpg 

農家さんの日帰り温泉で、5月~10月の営業で、大人500円。

炭酸ガスも含んでいるようで泡も付くが、少し自分にはぬるくて減点対象(笑)。

20201021(65)R.jpg

温泉の玄関横にこんな彫り物もあり、フクロウが面食らったような顔をしている。


■ ニセコから岩内まで

温泉に入った後、一路岩内町を目指すが・・・途中にある雪秩父温泉・・・。

温泉の横には、大湯沼があり、温泉が湧いている。

20201021(70)R.jpg

道道66号線のパノラマラインの途中には、こんな景色が頻繁に見える。

20201021(73)R.jpg

葉は全て落ちたようで、見るからに死んだような異様な山肌に見える・・・。

20201021(77)R.jpg

白樺のような木だが、白樺はまっすぐな木だと思うので、種類は違うようだ・・・。

途中にある大谷地で・・・神仙沼に抜ける道だが・・・。

20201021(75)R.jpg

35年ほど前に、娘2号を背負ってこの場所から道道を歩いて五色温泉まで歩いた。

つづら折りの道なので、長い長い・・・長い道を歩いて疲れた記憶がよみがえる。

岩内町に近づくにしたがって、あの死んだような山肌が色づき始めた・・・。

20201021(78)R.jpg

少し時間は早いが、今日は道の駅いわないでお世話になろうと思う。

もう少し進みたいが、この先の道の駅は、テレビが映らない気がするので・・・。


       
    2020年北海道旅  最新の地図が表示されます

尚、旅中はみな様のブログにお邪魔できなかったり、コメントの返信
  が遅れたり出来なかったりすることが有ります事をご了承ください。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2020.10.21 Wed l PC・FC2との戦闘記 l コメント (12) l top