FC2ブログ
にほんブログ村 にほんブログ村へ2021. 1.14 木曜日


      ← 古い記事へ      新しい記事へ →


■ 雪雲が集中から分散に

2020年12月に降った雪は、588cmで、2021年の1月もすでに173cm降った。

それでも、ここ8日間では67cmの降雪に収まていて、少し楽させてもらっている。

12月は、この近辺だけの集中的な降雪で、記録的な大雪となったが・・・。

今年に入り、北陸や東北などの日本海側に雪雲が分散されたのか・・・。

被害のあった地域には気の毒だが、当地の最近は雪が少なくホットしている。

普段雪の多くない地域に大雪が降ると、除雪体制が出来てないので・・・。

北海道以上の被害が出て、まことに気の毒で・・・お見舞い申し上げる。


■ まだ1月の半ばなのに

いずれは解けて消える雪だが、降ったままにはして置けない・・・。

まだ1月の中旬で、冬の折り返しも来ていないのに・・・。

家に接している公道の排雪が、すでに2回行われていて・・・。

今は排雪終了したばかりなので、夏ほどの道路幅が確保しているが・・・。

行政の除雪・排雪費用は底をつきそうで、追加の予算が年間予算の1.5倍ほど・・・。

宝くじでもあたらないと、貧乏行政は維持できないかも・・・。


■ だが個人の敷地内では

個人の敷地内にある雪は、それ以上に深刻だ・・・。

我が家の横には菜園の土地があるので、雪の置き場に苦労はしないが・・・。

昨日は気温も上がり屋根の雪も落ちたが、除雪機に湿った雪がへばりつて・・・。

飛ばせないので・・・スノーダンプで屋根から落ちた軒下の雪を移動させた。

20210114(5)R.jpg

除雪機で飛ばせると、「飛ばした雪はどこに行った」と思うほど目立たなくなるが。

雪を下に落とすのが楽なので、坂を作って高いところからこんな形で落とす・・・。

我が家夫婦と一回り違いの年齢のご近所さん夫婦宅は、隣家があるので・・・。

20210114(2)R.jpg

膝も痛いらしく・・・雪の移動を最小限にしているとこうなってしまう・・・。

我が家と同じ「牛」と「馬」の5歳違い夫婦で、12年後の自分たちを見ている・・・。


■ 屋根の雪も落ちなくなる

敷地が狭いと、家の前の雪を捨てる場所もないし、大量の雪移動は労力も大変。

しかも平屋など、軒下の高さが低いと、すぐに屋根の雪がつかえてしまう・・・。

20210114(4)R.jpg

予想外の大雪が降ってしまうと、屋根の雪がつかえてしまう。

こうなっては、屋根の雪の落雪も心配なので、下での作業は出来ないし・・・。

このまま置いておくと、屋根が壊れる心配もあるが・・・大雪には勝てない・・・。

屋根の雪が軒下の雪山に、つかえていなくても・・・。

人の住んでいない建物では、室内からの暖房もないので屋根の雪が落ちない・・・。

20210114(3)R.jpg

ベランダの幅と比較してもらうと、屋根に乗っている雪の量がどれほどか分かる。

無人の建物は管理もされないので、こうして崩壊の道をたどるのかもしれない。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

      ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
クリックして頂くと励みになります

2021.01.14 Thu l 北国特有の暮らし l コメント (8) l top