FC2ブログ
2018. 5.17 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今回の前半旅を振り返っていて、印象に残った立ち寄り先の場所を整理している。

前提は次の通りとして、あくまでも個人的な感想なので、そのつもりで見てほしい。


  ①  以前に行った事のある所はやはり初めてのところよりも感動が薄くなる。

  ②  同じ場所でも、天候によって風景や居心地、印象が全く違う。

  ③  とりあえずは地域をいくつかに区切って、印象に残った 場所を選び出す。

  ④  個人感によっても、選ぶ場所が違うので、あくまでも独断と偏見で選んだ。

  以上のことを念頭に、旅のおさらいをしてみることにした。
    尚、日付には元の記事をリンクしているので読んでほしい


   2018年前半旅の思い出(1)関東周辺~愛知
   2018年前半旅の思い出(2) 紀伊半島一円
   2018年前半旅の思い出(3) 四国周辺
   2018年前半旅の思い出(4) 九州編



その第2弾として、今回は紀伊半島一円の旅を振り返ってみた。

2.20 火曜日 三重県伊勢市 伊勢神宮

のんびりとおかげ参道を散策しながら、伊勢神宮の内宮へとむかう。

20180517 (1)

鳥居を過ぎるとすぐに五十鈴川を渡るが、内宮内は撮影禁止で写真は無し(笑)。

20180517 (2)

お参り(お願い)したことは、無事な旅の終了と家族の健康などたくさんある(笑)。

今までお伊勢さんを訪れた記憶はなく、伊勢うどんも頂き、もちろん名物の赤福も。

20180517(2)R.jpg

自分の中では、三重県=伊勢神宮 なので、しっかりと三重県を訪れた記憶が残る。



2.22 木曜日  奈良県奈良市 東大寺大仏

奈良県のイメージでは 奈良県=大仏 で、高校の時の修学旅行の印象か。

奈良県も観光地を探せば限りないほどあるが、東大寺大仏殿だけは立寄った。

20180517 (3)

そして、奈良県の象徴である大仏に手を合わせて来た。

20180517 (4)

今年の後半旅である紅葉を追う旅では、南禅寺も楽しみにしている。



2.23 金曜日  奈良県奈良市 頭塔(ずとう)

奈良県ではホテルに宿泊したが、ホテルの裏手に奇妙な「頭塔」なるものがあった。

ホテルに泊まったので、偶然みることができたのだが、興味深いものだった。

20180517 (5)

何しろ「頭塔(ずとう)」の存在そのものを知らなかっただけに、印象が強い。

ホテルに頼んで見せてもらい、そばにある東大寺との関連も知ることができた。



2.23 金曜日  奈良県明日香村 石舞台古墳

石舞台古墳は、尊敬する先輩が訪れたと聞いていたので寄りたかった場所。

20180517(41)R.jpg

事前にネットで調べていて、印象通りのものだったが・・・・。

ほかの観光地に比べ観光客が少ない分、落ち着いた雰囲気があり癒された。



2.24 土曜日  奈良県十津川村 谷瀬の吊橋

単に吊り橋で印象の深いのは、静岡県の「夢の吊り橋」だが・・・。

「夢の吊り橋」は、たどり着くまでに30分は歩き、橋の板の細さのスリルが印象的。

谷瀬の吊橋は、駐車場も近く、苦労せずに行たのだが・・・印象深いのだ。

20180517 (6)

高さや長さだけではなく、母の生誕地である新十津川町の母村に存在するからだ。

十津川村には初めて訪れたが懐かしく感じ、もう少しゆっくりしたかった村だった。



2.25 日曜日  三重県熊野市 丸山千枚田

平坦地の少ない地域では、先人たちは農地を求め、積極的に斜面を棚田にした。

北海道では急な棚田はあまり見かけないので、急斜面の棚田に感激する。

20180517 (7)

コツコツと石を積み上げ、石垣文化が息づいていて、景観も良い。

20180517 (8)

この地域の水田に限らず、あちこちで石垣や段々畑を見せてもらった。

北海道農業を見て来た者は、この小さな田んぼをどうやって耕すかを心配する(笑)。



 2.26 月曜日  和歌山県那智勝浦町 熊野那智大社と那智の滝


紀伊半島と言えば、那智大社と那智の滝を思い浮かべる。

熊野古道も歩いてみたいが、足腰に不安のあるものはそうする訳にはいかない。
 
20180517 (9)

本来は那智大社は急な階段を上るが、何しろ膝の悪い連れがいるので車で上へ。

大社からは、那智の滝も拝めて得した気持ちになってくる。

20180517 (10)

天気も申し分なく、実に恵まれた旅で、普段の行いがいかに大切かを痛感した(笑)。



 2.28 水曜日  和歌山県白浜町 三段壁洞窟

切り立った断崖に、波が歳月をかけて奥深い洞窟を作り上げたのか。

源平合戦で知られる熊野水軍が、三段壁洞窟を船の隠し場としたとされる。

20180517 (11)

水軍の船というから大きなものを想像したが、この洞窟に入る船なら大きくはない。

20180517 (12)

それでもこの洞窟の規模はけっこうなもので、パワースポットとして知られている。



 3. 1 木曜日  和歌山県有り田川町 山肌のみかん畑

静岡県ではお茶、そして和歌山県ではみかんが、山の斜面で栽培されている。

20180517 (13)

その景観は初めて見るもので、こんな風景を見るたびになんだかわくわくしてくる。

道の無い急斜面の作業には、こんなモノレールが大きな戦力になっている。

20180517 (14)

みかん畑だけではなく、下栗の里などの斜面でも、荷物を運ぶのに力を発揮している。



この続編は後日、日を改めて紹介したい。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります






2018.05.17 Thu l 全国一周 2018年前半旅 l コメント (2) l top

コメント

No title
お早う御座います。
この間の関東編は知らない所が大分ありましたが、流石中部編は地元ですからほとんど行ったことがあります。でも、奈良県の「頭塔」は初めて聞く単語でした。今度行ってみます。
後はつり橋でしょうか。聞いたことはありますが、そんな恐ろしい所は行きたいとは思いません。笑
2018.05.19 Sat l ひで. URL l 編集
Re: ひで さん
ひで さん コメントありがとうございます。
吊り橋が苦手と言いながら、かずら橋は行ったんですよね。
吊り橋の方が床板があるだけ安全な気がしますが・・・(笑)。
ひでさんの四国巡り、なんとなく土地勘が出来た(地名がわかる)
だけに、一緒に旅している感じです。

2018.05.19 Sat l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿