FC2ブログ
20190101.gif2019. 2. 5 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


シンギュラリティと言う言葉を、最近テレビで初めて知った。

ちまたではすでに浸透した言葉なのかも知れないが、高齢の自分は初耳だった。

シンギュラリティ=技術的特異点 と言う事のようだが、これでは意味が分からない。

要するに、 A I は人間の知性を超える ことらしいのだ。

その年の予測が2045年と言われているので、後25年ほど・・・。

自分は今年70歳になるので、95歳まで生きれればその世界を覗けるのだが・・・。



自分が高校生で進路を模索する際、技術屋になりたかった。

いわゆる手に職を付けて、安定した暮らしがしたかったのだったが・・・。

理科が好きで(笑)、電気も何となく理解していたし・・・・(笑)。

「将来、コンピューターが花形になる」と言われていたので・・・・そちらの道に進んだ。

しかもハード部門のコースで、コンピューターの構造について学んだ。

卒業後は、東京でコンピューター保守の仕事に就いて、面白かったのだが・・・・。

残念ながら父親の急死で北海道に帰ってきて、全く別な職業に就職した。



当時はまだ、せいぜいプリント基板の時代で、IC集積回路が出始めた時代。

就職した際には、小型の最も人気の電子計算機の保守を仕事としていた。

機械のメインメモリーは4KBで、メモリーが車のバッテリーほどの大きさだ。

今のmicroSDの128GBは、見失うほどほど小さくても3,200万倍の記憶量だ(驚)。

紙テープベースで、直径30センチほどのドラム式の記憶装置も内蔵していた。

外部メモリーはレコード盤ほどの大きさのディスクの時代で、エラーも多かった。



そのころは銀行でも盛んにデータ化が進められ、世の中が変わって行く時代だった。

当時の預金台帳での出し入れ管理が、ソロバンからコンピューター計算になった。

当時は月末しか利息計算は出来なかったが、今では日次計算が当たり前の時代だ。

オンラインで、ほかの支店の口座からカードで現金の出し入れが出来始めたころだ。

田舎者には画期的な社会変化だが、今となってはコンビニでも容易になった(笑)。



昭和50年代には、北海道の就職先でも、業務にはコンピューターを使う時代になった。

自分は多少の知識があると言う事で、業務をコンピューター化する仕事も任された。

おかげでこの年齢でも、パソコンは億劫ではなく、何とか使わせてもらっているが・・・。

今となっては、画像を解析出来るようになり、車の自動運転や監視に利用される。

車の自動運転は、センサーによるものと理解していたが、画像解析と知り驚く。

碁や将棋でさえ、人間に勝つ時代となり、今後どのような世界になるのだろうか。

技術の進化するスピードが、加速度的に進んでいるのは間違いない。

2045年ころには、シンギュラリティ(技術的特異点)が来ると言われているが・・・。

現に、昔はあった職業(駅の改札など)も、すでに無くなっているではないか・・・。


あと25年で A I が人間を超える  S F の世界では無い(2) に続く



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡ 
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになります

2019.02.05 Tue l 老後の普段の生活 l コメント (8) l top

コメント

No title
昭和52年に私が就職した会社ではコンピューターを任されました
先輩に教えられ、たった1台だけあった物の専任になりました
機織り機のような大型のコンピューターで
ガシャガシャとタイプライターのような動き方をしていました
地区別・課別・個人別の売り上げと同時に
各店(問屋さんみたいな商事会社でした)の売り上げ管理と請求書発行しか出来なかったと思います
それから考えると、小さくなって個人で所有でき
もっと色々な事ができる現在
なんとか進歩について行こうともがいていますが
どこで息切れして諦める事になるやら・・・
2019.02.05 Tue l hana. URL l 編集
No title
こんばんわ~。
私の子供の頃はうちの集落に車が1台しかなく、道路も舗装はされていませんでした。
あれから50年。今では空飛ぶ自動車まで作れそうな勢いです。あと何年もしないうちに「じいちゃんの小さい頃は、囲炉裏が有って堀炬燵で寝て、父ちゃんと母ちゃんが北海道へ出稼ぎに行って・・・・
孫からじいちゃんの小さかったころマンモスおった?と言われてしまうかもしれません。笑
その頃は、AIが掃除・洗濯・仕事をしていて、人間は何をしているのかな?。昔は10年ひと昔と言いますが、今は1年ひと昔かもしれません。

2019.02.05 Tue l ひで. URL l 編集
Re: hana さん
hana さん コメントありがとうございます。
自分の時は、ボール状の活字ヘッドの活字が回転しながら
タイプするIBMの機械を整備していました。
たかだか50年ほどで、世の中がすっかり
変わって来ましたね。
そしてこれからも加速度的に・・・。
自分達は良い時代に生きてこれましたが、これから
の人はどうなるのでしょうか。
2019.02.06 Wed l たびいくひと. URL l 編集
No title
錆び付いて来てますが一応モノ作りの技術者です。
しかしAIって奴はブラックボックスで中身がよくわかりません。
昨年は機械学習して判断するデモを見たのですが、、、
AIの開発者も、たぶんこの辺を見て判断してるんじゃないかな、と言ってました。やはりブラックボックスみたいです。
なんかターミネーターの世界が来そうですよ(笑)
2019.02.06 Wed l レム. URL l 編集
Re: ひで さん
ひで さん コメントありがとうございます。
これからの世界はどう変化するか見てみたいの
ですが、我々の時代が一番いい世界に思えて
来ます。
テレビが無かったとか、コンビニやスマホが
無かったと、孫はともかくひ孫に言っても信じて
もらえないかも・・・。
人間はこれから何をしていくのでしょうか。
2019.02.06 Wed l たびいくひと. URL l 編集
Re: レム さん
レム さん コメントありがとうございます。
ターミネーターやロボコップは、人間ロボットだけですが、
回り中が自動化やロボット化になると、もうどんな世界か
想像すら出来なくなります。
これからは、物作りさえAIが行うことになって
来るのでしょうし、芸術さえ克服するのかも・・・。
なんだかゾッとする世界ですね。
2019.02.06 Wed l たびいくひと. URL l 編集
No title
ターミネーターでますが、何かのきっかけで人格を持ってしまった軍事コンピュータが敵の親分で送り込まれたターミネーターは子分だったと思います。親分が何を基準に判断して人を攻撃したのか?ブラックボックスで怖いのはそんなところだと思いました。
2019.02.06 Wed l レム. URL l 編集
Re: レム さん
レム さん コメントありがとうございます。
シュワルツェネッガーのターミネーターはよく見てました。
その後も別シリーズで映画化されたようですね。
武器がAIで作動するようになったら、本当に
恐ろしい世界になります。
そうならないように目を光らせないといけないのでしょうね。
2019.02.06 Wed l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿