この記事は10年前に実行した日本一周の回顧録


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


2005.4.30 土曜日  出発29日目


朝は 岐阜県 高山市 道の駅 飛騨街道なぎさ で迎える。

連休明けには、農作業(家庭菜園)を始めたいので、帰路に就いた。

ここから日本海側に出て、青森まで行き、大間から北海道に渡るとする。

それでも、あこがれの白骨温泉の側を通るので、まずは温泉に入ることにした。

白骨温泉のゑびすやを選んで温泉に浸かったが、やはり白色の濁湯。

入浴後宿の方と話しをしていると、今晩の空き室があることが分かった。

まだ午前中ではあったが、元来濁り湯好きで、空き室を見逃すことが出来ない。

好きな濁り湯を、もっと楽しみたいと「帰路記念」に突然泊まることに決めた。

今日は、76キロしか 進んでいない。


宿泊地  長野県 松本市 白骨温泉 ゑびすや



2005.5. 1 日曜日  出発30日目


朝は 白骨温泉 ゑびすや で迎える。

居心地が良くて、チェックアウトの時間までのんびりと朝湯を楽しむ。

出発時間は遅くなったが、道草して宿泊してしまったので、帰路を急ぐことにした。

暗くならないうちに夕食を済ませたいので、道の駅 良寛の里 わしま に泊まることした。

さほど走った感はないが、それでも今日は368キロ走った。


宿泊地 新潟県 和島村(現長岡市) 道の駅 良寛の里 わしま



2005.5. 2 月曜日  出発31日目


朝は 道の駅 良寛の里 わしま で迎える。

急いで朝食を終わらせ、さっそく出発した。

わき目も振らずに、新潟県を通過し、山形県を通り、秋田県へと入る。

暗くならないうちに夕食を済ませようと、道の駅 矢立峠に到着。

秋田と青森県堺の道の駅矢立峠で夕食をして、就寝した。

今日は距離を伸ばし、走ったのは 464キロ。


宿泊地  秋田県 大館市 道の駅 矢立峠



2005.5. 3 火曜日  出発32日目


朝は 道の駅 矢立峠 で迎える。

朝食を終えて、少し走るとすでに青森県で、青森市から大間に向かう予定。

ただ 黒石市を通過したほうが道も良く走りやすいと思うが・・・・。

実は4月3日に通った道の雪壁がまだ残っているかと気になり・・・・。

八甲田方面へ向かうこととした。

往路で通った時の1カ月前はこんなに雪があった。

2005年(平成17年) 4月3日の写真
20050403 (2)

そして丁度 1カ月後の 帰りの時の写真はこちら。

2005年(平成17年) 5月3日の写真
20050503 (1)R

撮影場所こそ違うが、明らかに違うのがわかる。

そんな所を見ながら、さらに先を急いで大間町に到着。

20050503 (2)R

明日の函館行フェリーを待ち、今日はここで泊まる。

今日走った距離は、244キロ。


宿泊地  青森県 本州最北端 大間崎



2005.5. 4 水曜日  出発33日目


朝は 青森県 大間崎 で迎える。

フェリーを待ちながら 朝食を終え、無事フェリーに乗船し 函館に到着した。

ここまで来たら我が家に着いたも同じで、庭のようなもの。

走りなれた道を通って見慣れた娘の家に到着し、一応旅は終了させた。

到着地  千歳市の娘の家



本当に我が家に着いたのは、そのあと3日後の 5月7日土曜日だった。


日本一周 車中泊の 地図足跡


    項   目    今   回    累   計
旅行日数(日)4/30~5/433日目まで
走行距離(㎞)1,375 7,837
燃料数量( ℓ )105.5 814.4
燃料金額(円)10,086 77,733
宿泊金額(円)21,300 124,654
飲食金額(円)7,480 55,925
温泉金額(円)1,000 9,400
雑貨金額(円)228 2,569
観光金額(円)0 23,110
その他額(円)16,000 70,924
合計金額(円)56,094 364,315




この記事は10年前に実行した日本一周の回顧録



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村




2015.04.30 Thu l 全国一周 10年前を回顧 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿