2015. 5 .14 木曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



車を車中泊として利用するに当たり、人それぞれのスタイルがある。

自分のスタイルは、以前にも書いた通りだ。

そして、車にはベットをつくり、流し(シンク)を置き、テレビも積み込む。

そんなことを考えるのが、2年半後の日本一周までの楽しみだ。

そして 先日、車中泊用にハイエースを購入し、現在改装を楽しんでいる。




テレビは 既に2年以上前に、安くて小さく小電力の物を見つけ購入していた。

20150427(9)R.jpg

AIVNのAI-141FSで、14インチで消費電力10W、フルセグもワンセグもOKだ。

シガーライターのアダプターも付いている。

ハイエース購入後、付属のアンテナを付け早速テレビを積み込んだのだが・・・。

心もとない10センチ強の棒状アンテナでは、電波が受信できなかった。

まずはアンテナ選びから、始めなければならない。



(1)付属品に似たアンテナ             (2)室内用の小型アンテナ
20150427(5).jpg20150427(6)R.jpg

全国どこでも移動する車なので、これらの物は やはり電波の受診能力が心配。

電気屋やホームセンターなどを見て回って、アンテナについて少し学んだ。

アンテナの能力は、利得(単位dB)であらわされるらしい。

しかも、動作利得(アンテナ自身の性能)とか 総合利得(増幅後の性能)がある。

総合利得は、アンテナで受けた電波をブースターで増幅した結果だ。

上記のアンテナは室内用で、ブースター付でも20dB未満の物しか見当たらない。





もちろん家庭の屋根についている 魚の骨のようなアンテナもある。

しかし、車に装着して走るには 適さないと判断した。

それと比較して、 下記の様な物は室外でもOKで利得も30dB以上だ。

20150427(7)R.jpg

これらのタイプは平面型で、屋根というより壁に取り付ける。

車内に置くには大きすぎるし、車外では走行時の抵抗が大きい。

そこで 購入を決めたのは、下記のタイプでマスプロのアンテナ。

マスプロ電工 MASPRO DENKOH UDC2AG-SET  ネットで7,000円で購入した。

流線型でもあり、走行中の抵抗も少ないと判断した。
20150427(8)R.jpg
総合利得(動作利得+ブースター利得)は、29~35dB。

取り付けるまでは、購入したアンテナで用を足すかが心配だったが・・・。

その後のアンテナの取り付けは、次回の記事で報告したい。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします


2015.05.14 Thu l 車中泊のその他装備 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿