2015. 6 . 2 火曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



我が家のトマトも、移植後活着したようで日に日にたくましくなっている。

特にトンネルに定植したほうは、一回り大きくなってきた。

2月下旬にトマトを播種した時、孫の手も借りて200穴のポットに(よく見ると、写真の種はナスのようだが、ポットは同じ)。

20150228 (51)R

しかし孫用にと、我が家用とは違って特別に5センチポリポットに播種した。

その孫用のトマトには、孫自ら立札を立てた。

20150228 (52)R

孫も満足そうに、自分のトマトの生長を見守った。





そのトマトは現在、こんなに大きく育った。

20150601 (6)R

そして鉢は大きくしても、立札はそのまま引き継いできた。

畑に定植しようかとも思ったが、ひょっとしたら孫が自宅に持って帰りたいと言うのではないかとも思い、直径25セントほどの鉢に植えかえした。

そのトマトの全体像はこんな感じに・・・・。

20150601 (1)R

トマトの先端に黄色く見えるのは、トマトの花だ。

20150601 (5)R

そう、孫のトマトに一番先に花が咲いたのだ。

根域が小さいため 大きいトマトは期待できないが、トマト食育として割り切った。





我が家のトマトの花房つぼみも膨らんできたので、間もなく咲くのだろう。

北海道では、7月ころまではホルモン剤で着果を促進する。

トマトトーンと呼ばれるもので、水で薄めて第3花房くらいまでは花に付ける。

沈めても、噴霧しても良いようだが、気温が上がると必要はなくなる。

ところが、自分はトマトトーンの使用が苦手だ。

同じ花には、1度しか使えないそうで、使ったか花かが分からなくなる。

しかも、トンネルの中に入っていると、花房が見つけにくいからだ。

以前は結局トマトトーンを使わずに、第2花房までは赤くなるトマトは少なかった。

ではどうしているかと言うと・・・、それは後日の記事で紹介したい。






最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします


2015.06.02 Tue l 自産自消の少農生活 l コメント (4) l top

コメント

No title
こんばんわ。
お孫さん近くに居ていいですね。
畑の食育とか体験教育もいいですね。
うちも庭の畑にトマト5本植えました。
2015.06.02 Tue l 車庫猫くんちゃん. URL l 編集
Re: No title 車庫猫くんちゃん  さん
子どもは周りの人の影響を受けやすく、野菜嫌いな家庭には野菜嫌いな子どもが育ちますよね。
孫の好き嫌い(食べずきらい)を少しでもなくなればと野菜に興味を持たせたいと思ってます。キュウリは1歳の時から1本まんま丸かじりをしています。
孫はイチゴが嫌い(種のつぶつぶがいやならしい)ですので胡麻も食べませんが、胡麻を自分ですらせて胡麻和えにして食べさせてみると、来るたびに「ごますり」をしたいと言うようになりました。胡麻をするのが面白いのでしょうね?
2015.06.03 Wed l たびいくひと. URL l 編集
孫とプランタージャガイモ
孫に関しては、いずこも同じなんですね。
我が家では、孫娘のことを我が家のエリカ様と呼んでいます。
塩尻エリカから取りました。
プランターは作付け計画を間違ったために余ったもので、10個にジャガイモを植えました。
おかげで、ふれあい農園の畝一本分が収穫できました。
2015.06.03 Wed l 福岡の田沼. URL l 編集
Re: 孫とプランタージャガイモ 
孫は子よりもかわいいと言います。
子どものときは生活にも余裕はなく、子育てに必死でしたが、
孫はかわいがるだけでで良いので(その子の親の教育方針に
逆らわなければ)いいですよね。
プランターの馬鈴薯栽培、今度真似させていただきます。

2015.06.03 Wed l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿