2015. 6 .19 金曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



車中泊の旅の食事は 外食のスタイルもあるが、我が旅は自炊が中心。

自炊には水が欠かせず、車中にシンクを積み込むことにしている。

10年前にも移動式の簡単流し台やタンクを準備したが、今回は据え置き式に。

先日の「車中シンクのDIY構想」の通り、手作りに挑戦する。

見栄えよりも実用性を重視して、安くてできるだけ簡単に仕上げるとにした。

今回は、とりあえず清水タンクを紹介する記事とした。





まずは水をためるのに必要な、20リットルの半透明なタンクを準備した。

20150618 (1)

10年前の使用タンクもあったが、水の残量が分からず苦労したので水位の見える物に。

タンクから水を上げるには、風呂から洗濯機に水をあげる水中ポンプを使う。

これも10年前に使用したポンプを、少し加工して再利用する。

20150618 (2)






前回水中ポンプを利用した際 補水のためタンクを外すのに、ポンプのホースや電源コードがかなり邪魔になった。

今回は簡単にタンクを外せるようにするため、着脱出来る加工を施した。

タンクの大きい方のふたに、パッキンの大きさの穴を開けた。

20150618 (3)

その穴に、ホース用ジョイントを取り付けた

20150618 (4)

ジョイントを組み立てた様子。

20150618 (5)

そのジョイントを、タンクのキャップに取り付けた様子。

20150618 (6)

キャップに取り付けたジョイントの下には、モーターからのホースが取り付く。

そのジョイントの相手方には、蛇口へ導くホースを取り付ける。




もちろんホースを上下に分けるだけでなく、モーターの供給電気も分ける。

20150618 (7)

このキャップを、タンクに取り付けるとこうなる。

20150618(19).jpg


タンクの中には、水をくみ上げるモーターが取り付いている。

こうすることで、シンクの基本的構造を 上段部分と下段を分離可能にした。

20160615.jpg

続きの「車中シンク」の記事は、汚水タンクについて アップする。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2015.06.19 Fri l 車の改造 シンク作り l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿