2015. 7 . 5 日曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



今、ハイエースで車中泊するために、自炊用のシンクつくりを進めている。

シンクの外観は現在作成中だが、その中に収める各パーツを紹介して来た。

今回は そのパーツの最後となる、給水装置を紹介したい。

給水は 清水タンクから水中ポンプでくみ上げ、流し槽までホースで誘導する。




タンクからくみ上げるポンプは、一般家庭にもある風呂から洗濯槽にくみ上げるポンプ。

20160629 (7)R

そのポンプに ホースを取り付け、清水タンクの中に入れる。

そのホースは、清水タンクのふたをはさんでジョイントでつないである。

ジョイントは、簡単に外せるようになっていて、タンクの出し入れを楽にしてある。

20160629 (8)R

タンクのふたに取り付いている 黒いものには、モーターへの供給電源を接続する。

タンクには、こんなふうにモーターを入れる。

20160629 (6)R





モーターを入れて、ふたをしたところで、黒い部品には、モーターの電源が付く。

ホースの先には、コック(ひねる取っ手)のない蛇口を取り付ける。

20160629 (9)R

蛇口のコックの代わりは、電源スイッチ(○印)で水中ポンプをオン、オフする。

20160629 (1)R

水中ポンプは8Vで、黒い部品をつないでモーターに電源を供給する。





スイッチの裏のふたを外すと、こんな感じ。

20160629 (2)R

黄色い〇印はスイッチ で、ここに足踏みスイッチを取り付ける予定。

足踏みスイッチは、こんなチャイムボタンを使って手作りする計画だ。

20160629 (3)R

残念ながら ハンダコテがなくて、どうしようか現在考え中だが 何とかする。

最初のスイッチと足踏みスイッチは並列に接続し、どちらでも作動するようにする。




ポンプでくみ上げた水は、ホースを通って、蛇口に送られる。

この蛇口は、壁に取り付ける予定で、こんな部品を組み合わせた。

20160629 (4)R

今回の給水装置の購入した部品で最も高額なのが、この自在蛇口。

足踏みスイッチなどでモーターをオン・オフするので、止水コックは無い。

20160629 (5)R

赤い線のところが壁になり、壁から自在蛇口を出して水が流れでる。



この次の車中シンクの記事は、外観を含めた全体を紹介したいが、まだ外観は出来上がっていない。

少し時間がかかるかもしれないが、なんとか早く完成するよう努力したい。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2015.07.05 Sun l 車の改造 シンク作り l コメント (4) l top

コメント

No title
なかなか良いアイデアですね。
2015.07.05 Sun l masakun1968. URL l 編集
Re: No title masakun1968 さん
> なかなか良いアイデアですね。

かなり長い間温めていた考えです。
実際の加工は、当初の考えよりすごく簡単にしてしまいました。
2015.07.05 Sun l たびいくひと. URL l 編集
お見事!
すばらしい工夫ですね。
この工夫するところが面白いんですよね。
おそらく、買ってもそれほど代わらない価格なんだろうと思います。
それでも、自分で作るところに意義があるんですよね。
私もよくやりました。
そして、今もいろんなものを工夫しています。
工夫が趣味の一つになっています。
2015.07.06 Mon l 福岡の田沼. URL l 編集
Re: お見事!
> おそらく、買ってもそれほど代わらない価格なんだろうと思います。
> それでも、自分で作るところに意義があるんですよね。

おほめ頂くほどの物ではありませんが、工夫はしたつもりです。
まだ完全には出来上がってはいませんが、徐々に外箱もできつつあり、
後ほど更新記事にしたいと思っています。
流し台にかかった費用は、概算ですが6000円程度だと思います。
自在蛇口(フレキノズル)が一番高く1830円で、合板などが続きます。
再利用できるものは、すべて再利用し、安く出来上がりそうです。
2015.07.06 Mon l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿