FC2ブログ
2015. 7 .24 金曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



我が家は以前から、ナスを30本以上植えている。

もちろんナス好きでもあるが、これだけ植えても十分に食べられないからだ。

なぜならば、気温が上がると病気にかかり、葉がかれて落ち始め、花が咲かなくなる。

小さいくなった実も大きくならず、つやがなくなり固くなってしまう。

聞いたところによると 土壌菌のせいで、半身萎凋病と言うらしい。

3年ほどは同じ場所に植えないように、輪作しているのだが・・・。

防除対策は、土を消毒する大掛かりなものになり、素人は諦めるしかないらしい。




そんなこともあり 今年は、ナスの苗の植える場所を2カ所にした。

今までの自宅の東側の畑(旧畑)に加え、自宅の西側の小さい畑(新畑)にも植えた。

新畑は去年までイチゴが植えてあったが、それをはがしてナスを植えた。

旧畑はトラクターで細かく起こし、新畑はスコップで荒く起こしたところに植えた。

現在の旧畑のナスの様子。

20150722 (4)R

7月上旬になるとやはり葉が枯れ始めたが、最近涼しいせいかあまり進んでいない。

そして新畑のナスは こんな感じで、明らかに違いが分かる。

20150722 (8)R

ただ、新畑は車庫の裏に当たり、日当たりが悪いせいか少し草丈が小さいようだ。

しかし 先日収穫した3個のナスは新畑の方で、結実は早いのか・・・。

今後どうなるか 見守っていきたいが、新畑は狭く来年植えると連作となってします。




キュウリも病気に弱く、第1弾を植えたほかに第2弾目も定植してある。

そのキュウリの2弾目が、大きくなってきたため、手を立てネットを張った。

20150722 (5)R

今年は早いうちに第1弾目のキュウリの下葉を払ったせいか、まだきれいな姿をしている。

20150722 (6)R

このキュウリもまだ20本ほどしか収穫していないので、まだまだ頑張ってもらう。

そのうち 第2弾目のキュウリが採れ始めると、食べきれなくなるのだろう。



先日も紹介したが、今年の玉ねぎはすごいようだ。

草丈も今まで見たことのないほどに高くなり、葉の数も10枚ほどになっていて茎も太い。

20150722 (2)R

苗を植えた後に有機入りの化成肥料を少し散布し、活着した頃に硫安を蒔いた。

こんなに肥料を与えたことはないせいか、どの玉も大きくなっている。

去年までは大きくてもテニスボール程度で、大半がMクラスだった。

今年はすでにペットボトルの太さほどの玉の大きさになっていて、今後が楽しみだ。

もう食べ始めたが、葉はまだ倒れる様子もなく、これからもまだまだ大きくなる。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2015.07.24 Fri l 自産自消の少農生活 l コメント (4) l top

コメント

ナスの土壌病害
>聞いたところによると 土壌菌のせいで、半身萎凋病と言うらしい。

〇ナスの土壌病害ですか。
 素人の考えですが、土壌病害には接ぎ木苗、かつ、土壌病害菌が雨で跳ね上がらないように黒マルチ栽培というのがありますが。
 
2015.07.25 Sat l ささげくん. URL l 編集
Re: ナスの土壌病害
>  素人の考えですが、土壌病害には接ぎ木苗、かつ、
>  土壌病害菌が雨で跳ね上がらないように黒マルチ栽培・・・・・

素人考えではないようです(笑)

コメントありがとうございます。
専門家の方も接ぎ木とマルチを勧めてくれました。
多くが採れないから種から育てる苗の本数を増やしていることもありますが、
接ぎ木苗は1本200円では買えず、6000円以上かかるとしたら
ためらってしまいました。それに「絶対大丈夫ではない」と言われ・・・。
黒ではないですが、透明なマルチはつい最近まで(葉が枯れてくるまで)
していましたが、水分を多くした方がいいのかと思って(素人考え)
マルチをはがしました。
 
2015.07.25 Sat l たびいくひと. URL l 編集
ナス科の連作障害
連作障害のお話をされているようなので、参加させていただきます。
もしかして、御存知ないのではと思い失礼ながら申しあげます。
ナスの連作障害については、ナスだけを考えるのではなく、他のナス科のトマト・ジャガイモ・ピーマンなども一つのグループとしてとらえ、3~4年は間を空けることが大事だと思います。
たとえば、ジャガイモのあとにナス、トマト、ピーマンを植えてもダメだということです。
2015.07.25 Sat l 同行蘭風. URL l 編集
Re: ナス科の連作障害
> ナスの連作障害については、ナスだけを考えるのではなく、他のナス科のトマト・ジャガイモ・ピーマンなども一つのグループとしてとらえ、3~4年は間を空けることが大事だと思います。
> たとえば、ジャガイモのあとにナス、トマト、ピーマンを植えてもダメだということです。

コメントありがとうございます。
そういう話は聞いたことがあります。が、偶然の話になりますが
ナスやトマト、ピーマンなどは一つのグループとして隣同士に植えていて、
翌年はグループごとほかの場所に移動させますので、トマトとナスの連作は
偶然ですがなっていません。
他の作物も半身萎凋病の被害が出るようですが、幸い我が家ではナスほどの
被害はないようです。

2015.07.26 Sun l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿