2015. 8. 2 日曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



家庭菜園でも、長ネギと馬鈴薯は土寄が必要だ。

この作業は、重い土を扱うため重労働だが、大変なのは体だけではない。

土を高く山にするためにはたくさんの土が必要で、深く掘った土を寄せるか広い土地面積がないとできない。

そんな課題の解決策として農家の人がする、こんな方法を行なっている。

その前に、長ネギの生長記録で今までをかえりみる。




長ネギの生育状況



2月25日 播種。
20150225 (4)R

3月7日  発芽した。
20150307 (1)R

4月3日 右が長ネギ 上から水をかけるので、苗は耐えられず横に倒れている。
20150403 (3R

5月12日 屋外のトンネルに苗を移す。ここまで播種から2カ月半以上経過。
20150510 (9)R

5月28日 定植 伸び過ぎのため頭を切ってある。

定植する時には、溝を20センチぐらいの深さに掘って植えた。
20150528 (1)R

6月12日 新しい葉が、定植時の頭の切った葉の高さを超え始めた。

20150611 (4)R

その後は見るたびに大きくなっていて、葉の色も濃い色に生長していった。



マ ル チ で 覆 う



葉が大きくなるたびに、4度ほど溝埋めも含めて土寄せをしてしただろうか。

そして7月31日  これ以上土寄せが難しくなってきたのでマルチで覆う作業をした。 

左が長ネギ。 まずは数年前にこのために用意した、19ミリ直管パイプなどを用意。
20150731 (5)R

長ネギの植えてある列の長さが、準備した直管の長さを超えていた。

直管の長さにそろえるために、数本の長ネギを掘り起こした。
20150731 (6)R

白根の長さは15センチほどと短く、太さも直管と比べて細いものも多い。

切った直管パイプを柱に、こんな部品を使って横に直管パイプを固定する
20150731 (30)
右側と左側の双方の側面を固定すると、こんなふうになる。
20150731 (7)R

90センチ幅の黒マルチを半分に切って、45センチのマルチ2枚にする

横に走らせた直管に、パイプ用パッカー(写真では青)でマルチの上を固定する。
20150731 (8)R

マルチの裾は土を掛けるなどの方法で固定する。

最初は側面のパイプの高さを低めに固定して、長ネギの生長に合わせて徐々に高くする。

この方法で、長ネギの白根を30センチ超の長さにできる(過去の経験による)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします
2015.08.02 Sun l 自産自消の少農生活 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿