2015. 9 . 9 水曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



豊穣の秋を迎え、この近辺でも早い人は稲刈りが始まっている。

昨年より1週間ほど遅いスタートだが、米の出来はどうなのだろうか。

20150909 (13)R

今日写した写真だが、水田は黄金色に染まり、稲穂は重そうに頭を垂れている。




そんな水田とは別に、同じく今日仕事の帰り道でまだこんな水田もあった。

20150909 (2)R

見るからに青く、先ほどの水田の写真とは違うのが、分かるだろうか。

直播(ちょくは)栽培と言って、田んぼに直接籾を蒔いて、発芽させる栽培法だ。

※北海道では「ちょくはん」と呼ぶが、本当は「ちょくは」と呼ぶらしい。

20150909 (3)R

稲穂は まだこんな状態で、頭を垂れずに直立のままだ。

田植する場合は、田植えの1カ月ほど前に種を蒔く。

なのに直播は、田植の少し前に田んぼに直接種を蒔いている分遅れている。

しかし、育苗ハウスはいらないし管理作業、苗運びもいらない。





そしてこんな水田もあった。

20150909 (1)R

草だらけの水田で、除草剤は使っていないのだろうか。

最近はこんなに草ぼうぼうの水田は、見られなくなりつつあるのだが・・・・。

その草の名前は分からぬが、イネ科の植物で2種類見られた。

20150909 (10)R

我が家の家庭菜園の畑にも、最近イネ科の雑草がお目にかかれるようになってきた。

中々繁殖力が強く 厄介で、抜いても抜いても生えてくる。

今日も草取りに励んだだ、まだまだ終わらない。





そうそう、草取り中に1本だけ太い人参を見つけた。

また割れているのだろうと、期待せずに抜いたのだこれだ。

20150909 (16)R

写真を撮るときに、比較対象するのにふさわしいものがなかったので・・・・。

いままでは こんなに大きくなると、割れてしまい まともなものが採れないのだが。

しかも、今年のニンジンは失敗作だった。




5月28日に、こんなヒモ状に入っている種をまいた?(ひもを埋めるだけ)。

20150531 (3)R

このヒモには、こんなふうに人参の種が入っている。

20150531 (4)R

昨年は同じものを使用したのだが、発芽率は結構良かった。

ところが、今年はどう言う訳か、発芽は30%にも満たなかった。

発芽時の雨の降り方が影響しているのは、種が古くなったからなのかは不明だ

発芽しない分疎植となったから太いのかと思いきや、他のニンジンはまだ細い。

玉ネギやバレイショは豊作だが、人参はサッパリの状態で、買う量が増えるだろう。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2015.09.09 Wed l 自産自消の少農生活 l コメント (2) l top

コメント

自家用飯米の可能性が
こんばんは。

確かに草が生え過ぎていますね。
除草剤は2回ほど散布すれば良いと農家の方に
お聞きしたことがあります。
ただ、自家用の飯米には何故か除草剤は使って
いない農家の方を見受けます。
2015.09.09 Wed l ichan. URL l 編集
Re: 自家用飯米の可能性が ichan さん
コメントあろがとうございます。
そういう話は聞いたことがあります。
今回の場合は、ちょっと違いそうで、結構大きい面積で発生
していますので、耕作者の違いかなと思っていますが・・・。
家庭菜園の良いところが、新鮮なことと、安全なことせですね。
2015.09.10 Thu l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿