2015.11. 5 木曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



最近大きな問題になっているのが、建設業界の杭打ちデータ「偽装」問題だ。

その次に大きな問題?となりえるのは、これだと思う(本当に?)。

間もなく沈下橋?となりそうな(大げさ)橋で、信じられないような状況となっている。

20151105 (1)R

北海道の幾春別川に架かる橋で、一見すると分かりずらいのだが・・・・。





この橋は、市道にかかる橋だが車の通りは とりわけ多いほどではない。

たしかにナビには反応せず遠回りを指示する道の橋だが、地域の人には便利な橋。

その橋の 上流側の左側の欄干を、良く見るとこんなふうになっている。

20151105 (2)R

明らかに普通ではない 橋となっていて、車で渡るのに不安が残る。

黄色い線の部分を拡大すると・・・・。

20151105 (3)R

他の欄干の支柱とは明らかに違う、錆びた鉄の支柱が3本使われている。

さらに黄色い線内をアップしてみると・・・・。

20151105 (5)R

2本のボルトで止まっているが、どれほどの強度が保たれているかは疑問だ。




変な部分の欄干を、今度は川側から見てみると、何とお粗末なことに・・・。

20151105 (6)R

タル木を 太い針金でしばって、欄干をつないでいるではないか。

今度は振り返った形で見ると、こんな状況だ。

20151105 (7)R

このままにしておくと、いずれは橋の欄干はくずれ、最後は沈下橋となるのではないか。

少し引いてみると、明らかに欄干が川側に曲がっているのがわかる。

20151105 (12)R

今にも川に、欄干が落ちそうな気配だ。





欄干の支柱を見て見ると、支柱はこんなに傷が付けられている。

20151105 (13)R

素人考えだが、重機で引っかいたような傷だと思う。

考えられるのは、除雪車が雪を橋の下に落とそうと作業した失敗の跡?か。

何度も引っかいている内に、とうとう支柱がとれてしまったのか。

それにしても、素人が修復した(つもり)の様は状況で、心もとない。

持ち主の行政は、認識しているのだろうかと疑問を持っている。






最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2015.11.05 Thu l 普段の生活 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿