この記事は10年前に実行した日本一周の回顧録


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


2005.4.3 日曜日 出発2日目


朝は 函館から青森行のフェリ で迎える。

函館発夜中のフェリーで青森ターミナルへ。

前日までは朝9時半のフェリーで、函館から大間フェリーターミナルに向かう予定で就寝した。

午前2時半ごろ騒がしくなったので外をのぞいてみると、1隻のフェリーが出発を準備していた。

3時発の青森行とのことで、慌ててターミナル事務所に行って乗船手続きを。

相変わらず臨機応変の行動(リサーチ不足)で出発間際に乗船終了。

青森に着いてからは、八甲田山から十和田湖までの4月1日に開通したばかりの雪壁の中の道路を走る。

20050403 (2)

雪壁の高さは約5メートルほどと思われるが、見上げる高さだ。

道中は霧がかかっていた為か、知らずに酸ヶ湯温泉を通りすぎる。

十和田湖を通って秋田県の乳頭温泉に向かう。




下の写真は、途中で寄った秋田県八幡平湯瀬にある岩手銀行湯瀬保養所。

20050403 (1)

ここの建物は今は使われていないが、昔は湯瀬温泉の旅館の建物。

われら夫婦が、新婚旅行で宿泊した記憶のある建物で、わざわざ30年前の記憶を頼って探し当てた。

当時の食事に、「とんぶり(ほうきぐさの実)」を使ったの料理が出た。

数の子を食べているようなつぶつぶとした食感で、初めて食べた食感を鮮明におぼえている。




その後乳頭温泉に向かうが、トラブル発生。

ナビが冬季通行止めの為迂回の指示を出していたが、いつもの誤報と思いそのまま走行したのだ。

ところが玉川温泉まで行くと冬季閉鎖で通行止めに合いUターン。

相変わらずリサーチ不足だが、時間の関係もあり途中まで後戻りして高速道路で盛岡まで走行。

なんとか無事乳頭温泉の鶴の湯温泉に着く。

おかげで当初余裕のあった時間がなくなり、出発当日に倒れた荷物用の棚を直す時間がなくなる。

乳頭温泉は「ランプの宿」「囲炉裏」のイメージで期待していた。

宿泊した部屋はリニュアルした部屋のようで新しく、電球の部屋で囲炉裏もなかったのが残念。

しかし秘湯の雰囲気があり、好みの濁り湯で満足だった。


出発地  函館フェリーターミナル 
宿泊地  秋田県 乳頭温泉 鶴の湯

日本一周 車中泊の 地図足跡

    項   目    本   日    累   計
旅行日数(日)4月3日(日)2  日目
走行距離(㎞)356 698
燃料数量( ℓ )52.9 102.7
燃料金額(円)4,803 9,687
宿泊金額(円)0 0
飲食金額(円)600 600
温泉金額(円)0 0
雑貨金額(円)0 1,000
観光金額(円)0 0
その他額(円)1,750 20,110
合計金額(円)7,153 31,397

その他は高速料金



この記事は10年前に実行した日本一周の回顧録

最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



※ 拍手もお願いしますし コメントも歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「定年後の暮らし」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村
2015.04.03 Fri l 全国一周 10年前を回顧 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿