2016. 1. 4 月曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



我が家に最も親しかった亡き母の弟である叔父が、帰らぬ人となった。

我が父が54歳で他界したため、まるで父親がわりの叔父だった。

1月1日になったばかりの午前0時40分頃、病院で息を引き取った。

昨年の5月頃、軽い脳梗塞で倒れてから、7カ月ほどの闘病生活だった。

最初の入院は1カ月ほどだが、一度入院すると老い込むのだろうか。

自分は感じなかったが、叔父の家族は最近は認知症の症状があったと話してくれた。




我が家には同じ市内に住んでいることもあり、ちょくちょく訪ねて来てくれた。

最も親しい叔父だったのだが、91歳で亡くなり誠に残念だ。

叔父は85歳過ぎまで、自分で車を運転していた。

軽い物損事故を契機に、家族に免許書更新を止められた。

車に乗れず行動に支障が出ると、我が家に来てはぼやいていた。

それでも電動アシスト自転車お購入し、良く我が家にも来ていた。




昨日お通夜、今日告別式が行われ、あっという間に帰らぬ仏となってしまった。

2日間の葬儀は、叔父が90過ぎだったこともあり、還暦過ぎの従兄がにぎやかだ。

こんな時しか会えないとばかりに、まるで従兄会のような通夜だった。

叔父の思い出話や、従妹たちの子どもの頃の話で盛り上がり、酒も進んだようだ。

焼き場での骨上げの時、係の人が、「骨のしっかりした人だ」と話していた。

「遺骨が重たい」とも話し、元気だった叔父は骨太だからだと思った。

繰り上げ法要が終わり、従兄である喪主が挨拶で涙を流す場面が印象的だった。

3カ月ほど叔父に合えなかったことが、本当に悔やまれる葬儀となった。

天国では、妻(我が叔母)や、姉(我が母)、義兄(我が父)に逢えただろうか。

4人は仲良がかったので、あちらでも仲良くしてほしいものだとつくづく思った。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.01.04 Mon l 普段の生活 l コメント (2) l top

コメント

No title
お淋しくなりました
こちらの方は、ご高齢の方が亡くなった時は
「めでたい葬儀」と言います
でも、幾つになっても別れは悲しいもので
決してめでたいわけではありませんよね
亡き人の事をたまには思い出して、語り合うのも
いい供養だと思います
2016.01.05 Tue l hana. URL l 編集
Re: hana  さん
hana  さん コメントありがとうございます。
我々も必ず通らなければならない運命ですが、自分の場合は
高齢になったら(もう高齢ですが)祭りの様に弔ってほしいと思います。
今回の叔父の場合は、最後のおじおばで、80歳以上の人
が見受けられなかったのも印象的でした。

2016.01.06 Wed l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿