2016. 1. 5 火曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



昨日の1月4日、仕事の都合で来れなかった千歳の娘1号と孫1号、孫2号が来た。

残念ながら婿殿1号はこれまた仕事で来れなかったのだが、孫たちは2泊するという。

近所の娘2号の家族も泊りに来て、家族でにぎやかな夜となった。




孫3号は、歯の生え変わりの時期で、すでに3本の乳歯が抜けた。

今日、今までの様に祖父母ニセ歯医者が、糸を歯に巻き付けて4本目を抜いた。

孫も最初の1本目こそ怖がったが、大して痛くなく抜けたので、今回も簡単に済んだ。

             20160105 (2)R

永久歯も3本目が見えていて、いずれは生えそろうのだろう。




千歳は雪がほどんどなく、孫1号は「かまくら造りをしたい」と大張り切りだ。

毎年娘1号は、我が家の畑に 孫を放牧(雪遊び)しに来ている。

孫らも楽しみにしていて、去年もかまくらを造った。

昼食を終えて風や雪が一段落したとき、完全防寒で自分と孫3人は家の畑に。

5年生の孫1号が「雪をブロックの形にしてかまくらを造る」と提案。

最初は発泡スチロールに雪を入れて固めていたが、発砲スチロールが破損した。

物置の中を探し、こんな箱を見つけて使うことにした。

20160105 (4)R

スコップなどで雪を入れ、踏み固めた。

20160105 (5)R

ケースをさかさまにすると、簡単に雪のブロックが出来上がった。

20160105 (3)R

たくさんのブロックを造り、積み上げ始めた。

20160105 (7)R

雪のブロックを並べて、入り口側だけを開けて、三方にブロックを5段積み上げた。

20160105 (6)R

残念だが、この作り方は、屋根はコンパネなどを使わないと出来ないが承知の上。

出来上がらない工法で作っていても3人は外で雪遊びをすれば、それで満足なのだ。

そのうち風が出てきて雪が舞い始めたので、作業は中止とした。

20160105 (8)R

かまくらと言うよりも、雪合戦の砦の様な形の雪像が出来た。

その前で記念撮影し、孫らは満足そうな顔で家の中に引き上げた。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.01.05 Tue l 北国の冬の暮らし l コメント (4) l top

コメント

懐かしい?
お早うございます。
「糸を歯に結んで抜いた・・・」懐かしいですね~・・・
子供のころにそうやって抜かれた記憶があります。
そういえば、おやじもジジババ(正確にはババでしたが)に抜かれましたが、これってジジババの役目なんですかね?
2016.01.06 Wed l 還暦おやじ. URL l 編集
Re: 懐かしい? 還暦おやじ さん
還暦おやじ さん コメントありがとうございます。
自分の小さい頃は、父母と姉弟しか住んでいませんでしたので、
歯を抜いてくれたのは、父でした。
核家族化になって来ると、若い父さん母さんは、
どう対応していいのか分からないので、近くにいる娘2号は
歯を抜いてと訴えてきました。
娘1号は近くにいないせいか、娘自信が手で抜いていたと
昨日聞きました。太っ腹母さんです。
2016.01.06 Wed l たびいくひと. URL l 編集
No title
雪の砦を見てビックリ!
やっぱりそちらは雪が多いね~~
子供達も楽しそう♪

写真のお顔につけたお目目は面白くって
笑っちゃった(^∇^)アハハハハ!
みんなとってもかわいいね⌒♡
2016.01.06 Wed l ハーモニー. URL l 編集
Re: ハーモニー さん
ハーモニー さん コメントありがとうございます。
かまくらは完成しませんが、子どもたちは満足してました。
屋根を付ける方法を考えると、もっと長期間楽しめるのしょう。
途中で足が冷たくなってきますので、何回かに分けて作るのが
いいかもしれません。
2016.01.06 Wed l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿