2016. 1. 8 金曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



今朝起きると、孫らと作った かまくらならぬ雪合戦の砦?が、崩落状態と化していた。

20160108 (1)R

一冬壊れないようなかまくらにするには、もっと丈夫に作る工夫が必要だ。

水も使いながらブロックにした雪を接着していかなければならないのだろう。

そして、屋根を付ける工夫も考えておかなければならないと思った。




昨日の7日には 今年の仕事が始まり、いきなり2件の仕事を片付けた。

そして今日は仕事もなく、老夫婦2人の暮らしでのんびり過ごそうと思ったのだが・・・。

ふとベランダから車庫を見ると、屋根に雪が覆いかぶさるようにのしかかっていた。

20160108 (2)R

天気もよさそうで、さっそく屋根の雪下ろしを始めるため、脚立を用意してきた。

20160108 (3)R

三角屋根のため、雪を切ってやると滑り落ちて行くので、余り時間がかからない。




去年新築した車庫で、訳有って木造の車庫とした

去年は何もせずに、自然と雪が屋根を滑り落ちたのだが・・・。

今季はクリスマス頃から雪が降っては低温になり、毎日のように降り積もった。

雪が断続的に降っているため、滑り落ちる暇がなかったのだろう。

住宅の場合は暖房があるため、雪は自然と落ち45年間雪降ろしをしたことが無い。

車庫の場合も中からポータブルのストーブで温めると、雪は落ちるのだが・・・。

時間がかかり過ぎるため、天気の良いうちに終わらせようと、屋根に登ったのだ。




だが 屋根から降ろしただけでは終わりでは無く、降ろした雪の後始末がある。

20160108 (4)R

これを手で除雪するには、考えただけで気が重くなるのだが・・・。

20160108 (5)R

強い味方があって、除雪機が大活躍してくれるため、屋根から降りると汗は無い。

スノーダンプも出してきたが、使わずに終わってしまった。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.01.08 Fri l 北国の冬の暮らし l コメント (6) l top

コメント

No title
こんばんは。

雪が多いと大変ですね。
屋根の上の雪降ろしは危険と隣り合わせだと
思います。
くれぐれもお気を付けて。
2016.01.08 Fri l ichan. URL l 編集
Re: ichan さん
ichan さん コメントありがとうございます。
車庫屋根の軒の高さは2メートル20センチほどで、
軒下には雪もあり落ちても危険あまりではありません。
多い時は軒下30センチほどまで雪が溜まります。
過去にも何度か滑り落ちています(笑)。

2016.01.09 Sat l たびいくひと. URL l 編集
No title
工夫で雪下ろしをしなくても済むようになるのですね
知りませんでした
屋根全部下ろすのかと思ってました
運動不足になりがちな季節に
いい運動のようですが
やった事のない者の勝手な意見ですね
2016.01.09 Sat l hana. URL l 編集
No title
家の暖房で屋根の雪が落ちるとは知りませんでした。
小さい頃、父を手伝って雪下ろしをやりましたが、瓦屋根が滑るのが怖かった記憶があります。
富山に住んでいる姉夫婦は鉄筋コンクリートの陸屋根住宅にして雪下ろし不要にしましたが、母の住む実家は築50年の木造なので、雪が降ると雪下ろしが必要になります。
私が好きな雪景色なんかどうでも良いという姉は、雪が降らないことを毎年祈っていて、意見が合いません。
2016.01.09 Sat l porter. URL l 編集
Re: hana さん
hana さん コメントありがとうございます。
一度車庫の屋根の雪を降ろすと、あとは滑りやすくなるみたいです。
屋根の雪下ろしをした後、すでに25センチほど降りましたが、
屋根の半分は自然に落下しました。
先ほど、その落ちた雪の後始末をしてきました。
2016.01.10 Sun l たびいくひと. URL l 編集
Re: porter さん 
> 家の暖房で屋根の雪が落ちるとは知りませんでした。
> 小さい頃、父を手伝って雪下ろしをやりましたが、瓦屋根が滑るのが怖かった記憶があります。
> 富山に住んでいる姉夫婦は鉄筋コンクリートの陸屋根住宅にして雪下ろし不要にしましたが、母の住む実家は築50年の木造なので、雪が降ると雪下ろしが必要になります。
> 私が好きな雪景色なんかどうでも良いという姉は、雪が降らないことを毎年祈っていて、意見が合いません。

porter さん コメントありがとうございます。
母は生前寒がりで、仏間で室温30℃超えで生活していました。
他界した年の冬の初めの頃は、ストーブを始動しなかったのでやはり
屋根の雪の落ちが悪くなり、それ以来たまに誰もいない部屋の
ストーブをたいて雪を落としています。
自分も雪景色が好きですが、あまり極端な降雪はうんざりしてきます。
2016.01.10 Sun l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿