2016. 2.29 月曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



今日は4年に1度の閏年で、他の年より1日得した(人によっては損した)日となる。

20160229 (5)R

閏年を迎えると、必ず父の生前を思い出すことがある。

自分の父は、大正7年の2月生まれだが、昭和47年の5月に54歳で他界した。

自分は3人兄弟の末っ子で、父には一番かわいがってもらった記憶がある。

父の膝の上を弟や妹に追われることもなく、物心ついても膝の上を独占していた。

短気な父だったと聞いていたが、あまり怒られた記憶が無いのは末っ子の特権か。

自分が60歳近くなるまで、父の誕生日は2月29日だと思っていたのだ。




父は子どもの自分に「2月の29日生まれで、4年に1度が誕生日」と教えてくれた。

4年に1度しか年をとらないのは嘘だと思いながら、29日生まれを信じていた。

従妹会を開いた時に自分がつくった家系図にも、父の生年月日を29日とした。

それを見ても、気が付かなかったのか 自分の兄姉は何も言わなかった。

その後、何かの時に戸籍の書類を見ていたとき、「エッ」と別な日だと気が付いた。

冗談で末の息子に「4年に一度しか年をとらない」と言ったことを、鵜呑みにしていた。

聞こえて来たラジオから、「今日はうるう年」と聞いて又そのことを思い出した。




うるう年では、ご存知のように 太陽暦と地球の自転速度 のずれを修正する。

20160229 (8)

西暦年を100で割り切れずに、4で割り切れれば「うるう年」となる。

但し、西暦年が400で割り切れれば閏年となる。

2月29日の生まれの場合は、2月28日が満了した時点で年齢が加算されるらしい。

ラジオを聞いていて、ふと疑問に思ったのだが、父の生まれた年は閏年?と。

調べて見ると、大正7年は西暦で1918年で、なんと割り切れないではないか。

29日生まれではないことが分かった以後も、閏年生まれだと信じていたのだが・・・・。




2016年の2月は、思い出の月となったが、今日は2月の終わりの日だ。

今月上旬に車のエンジンをダメにして、車を入れ替えた月となった。

その車も今日、走行メーターが1000キロを達成した。

20160229 (6)R

普段の月では、およそ1カ月に2000キロほど走るが、今月はなぜか半分ほどだ。

遠くへの仕事が少なかったのだろうと思う。

間もなく雪も少なくなるだろうし、走りやすい時期がやってくるのだ。

燃費も徐々に良くなることを期待して、もう少し仕事に精を出そうと思う今日この頃だ。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.02.29 Mon l 普段の生活 l コメント (4) l top

コメント

No title
お茶目なお父様ですね
それを素直に信じていた、たびいくひとさんの人柄が思い浮かびます
私の娘は私がwinkのメンバーだったと
ずーっと信じてました
(どんな嘘をつく親でしょうか。我ながら呆れます)
2016.02.29 Mon l hana. URL l 編集
Re: hana さん
hana さん コメントありがとうございます。
人柄と言うよりも騙されやすいということでしょうか。
娘さんも、結構そっりらの方ではいける口見たいですね。
そういえば東京の学校に行っていたとき、友人に「北海道
では家の外で犬のように熊を飼っている」と冗談を言ったこと
があり、卒業する時「熊は元気?」と言われ一瞬なんのことだか
分かりませんでした。
これからは詐欺にあわないよいに(しないように)気を付けます(笑)。
2016.03.01 Tue l たびいくひと. URL l 編集
No title
私は、受験で飛行機に初めて乗るときに「靴を脱いでから乗るとぞ」と誰かに言われたことを覚えています。
さて、ジャガイモ植えの季節です。
貴殿のおっしゃる通りの植え方もやってみることにしました。
あとは、間引きと追肥、土寄せに気を付けましょうかね。
結局5通りのやり方をしたので、6月の収穫時期が楽しみになってきました。
2016.03.01 Tue l 福岡の田沼. URL l 編集
Re: 福岡の田沼 さん
福岡の田沼 さん コメントありがとうございます。
自分も娘や孫に、「飛行機に靴を脱いでから乗る」と言いました。
娘の時は幾分信用?してもらえましたが、孫はやはり時代でしょうか
全く耳を貸しませんでした。
バレイショの結果楽しみにして言います。
2016.03.01 Tue l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿