2016. 3. 7 月曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



3月の初めは結構シバレた日が続いたが、昨日の日曜日から暖かくなってきた。

今朝の居間の室温は、18度と今年最高の温度だが、前日は13度で、真冬並みだ。

明日からの天気予報も、一週間連続太陽マークも見られ、気温も上がるのだろう。

そして気温が氷点下でも、太陽の光の力は恐るべきで道路の雪を溶かして行く。




今日も朝から、ぐんぐんと雪を融かして行き、細い道路は雪解け水が溜まっている。

我が家の立て付け道路も、こんなに足跡が付いている。

20160307 (1)R

この場所は踏み固められていた雪が融けて、昨日まで少し水が溜まっていたところ。

今日の暖かさで雪が融けて、どこかに水の抜ける道が出来て水は溜まっていない。

同じ立て付け道路の道路側の写真で、車が動いたタイヤの跡がくっきりついている。

20160307 (2)R

いかに雪が柔らかくなっているかがわかるだろう。




下の写真は、2月20日の写真だが、そのころにも一度雨が降った。

20160307 (6)

隣の物置の写真で、傾斜の緩やかな屋根の雪だが、雪が緩んで半分自然と落ちた。

そして今日、残りの雪も自然と落下して、屋根の雪が無くなった。

20160307 (4)R

暖かくなると、雪崩注意報が多く発動され、普段落ちない屋根の雪も落下する。

我が家の住宅と車庫の屋根の雪は、すでに全部落ちていて心配はいらない。

今頃の屋根に乗っている雪は、普段落ちないところなので厚く乗っている。

その上暖気になると湿った雪で重く、巻き込まれると危険でかなりの注意が必要だ。

このまま雪が融け続けることは無いと思うが、間違いなく春に近づいている。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.03.07 Mon l 北国の冬の暮らし l コメント (6) l top

コメント

No title
雪景色も楽しいですが、雪解けして春が来る風景もなんだかウキウキして楽しいですね。
2016.03.07 Mon l porter. URL l 編集
No title
こんばんは。

本日のブログの写真を見て、
確かに危険だと理解できました。

北海道の状況は分かりませんが、
福島のスキー場とかに行くと、成長
したツララがあることが多く、危険
だと感じたことがありました。
2016.03.07 Mon l ichan. URL l 編集
Re: porter さん
porter さん コメントありがとうございます。
おっしゃる通りですね。
毎年春になると「やっと春だと」喜びは大きく感じます。
一方秋も終わりに近づくと「これから冬か・・・」と残念
に思いますが、冬景色も好きなので、冬眠も耐えられます。
これから半年、畑仕事や車中泊などを思いっきり楽しみます。
2016.03.08 Tue l たびいくひと. URL l 編集
Re: ichan さん
ichan さん コメントありがとうございます。
自分の子どもの頃は、ツララのない家は皆無でしたが、
住宅の断熱化や長尺トタンなどのおかげで、ツララも減少し
今では珍しいほど少なくなりました。
雪の量も、子どもの時より少なくなっている気がします。
2月に雨降ることはなかったと思います。

2016.03.08 Tue l たびいくひと. URL l 編集
No title
春が楽しみですね
雪景色から一変して草木が芽生えると
喜びも格別でしょうね(^^)ニコ
2016.03.08 Tue l ひこやん. URL l 編集
Re: ひこやん さん
ひこやん さん コメントありがとうございます。
お忙しいのに、しかもたくさんの方のコメントに返信
しなけばならないのに、コメントいただき恐縮です。
子もまま一気に春が来るとは思いませんが、間違いなく
春に近づいているのは感じます。
急激に雪融けが進むと、我が家の地下は水浸しになり
ますので、徐々に融雪してほしいと思います。
(我が家の地下は、50cmほど彫り込んでいて、最近は
排水設備が整って少なくなりましたが、水が溜まるんです)
2016.03.08 Tue l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿