2016. 4.27 水曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



昨日の夕方、我が「草だら~け国」の食料生産用の肥料が届いた。

毎年地元のJA(農協)に頼んでいているもので、今年も4月に申し込みしていた。

別に「草」のために頼んだものではなく、貧乏国の国民の貴重な食料生産用だ。

昨日も精を出したが、今朝の遅い出勤前にも、せっせと貧乏草を削った。

おかげでほとんどの我が国農地の草取りが進み、あとわずかで完了しそうだ。




農地が有るからと言って、何もしないで食料が出来るはずはない。

春から秋にかけてはアリのごとく働き、冬の冬眠時の食料を確保する。

それには、それ相応の国家予算を捻出して資材を購入し、貴重な肥料を手に入れる。

今年の肥料購入は、粒状生石灰2袋、なたね粕1袋、脱脂ぬか2袋、鶏糞4袋。

その他に、有機入り化成肥料2袋、育苗用の床土2袋、非農耕地用事除草剤2袋など。

締めて2万円に少しだけ欠ける金額の分だけ、肥料などを輸入した。




こんなに費用をかけるのなら、輸入して買って食べた方が良いとの考えもある。

しかし、越冬用や漬物用の大根200本だけでも、きっと少なくとも12,000円ほどか。

白菜も120玉を輸入すると、すでに予算をオーバーしてしまう。

その他、トマト50キロ、茄子10キロ、ピーマン、キャベツ、豆、トウキビなどなど・・・。

自産自消しているからこそ、国民を飢えさせずに満足いくまで食べることが出来る。

どこかのTPP推進国の首相とは違い 大統領は国民の食を確保する責任がある。




今年の畑の作付計画は、以下の通りだ。

20160427 16R

そして去年の作付はこんな場所に・・・。

20160427 15R

作付する品目も量も、毎年ほとんど変わらない。

これでも足りなくて、バレイショ1袋やタマネギ3袋ほどは秋に買い足す。

我が国民は、いかに野菜中心の暮らしをしているかがお分かりになるだろう。

きっと国民平均寿命も、相当伸びるに違いない。

今は亡き3人目の国民の我が母は、93歳まで長生きしこの世を去った。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.04.27 Wed l 自産自消の少農生活 l コメント (12) l top

コメント

No title
こんばんは。

物凄い品種と物凄い作付量に圧倒されました。
これなら寒い冬も乗り切れますね。

我が家はその意味で、空き地に草と竹が生えて
いるだけです。
一旦竹を侵入させてしまうと人力では回復でき
ません。
2016.04.27 Wed l ichan. URL l 編集
我が家は猫の額ほどの家庭菜園ですが、
細粒鶏糞15キロ298×2
有機石灰10キロ398
米ぬか10キロ1463
魚かす5キロ934
ホタテ石灰20キロ408
をホームセンターで買っています


2016.04.27 Wed l よしか. URL l 編集
Re: ichan さん
ichan さん コメントありがとうございます。
竹は想像しただけで大変そうです。
スギナでも悪戦苦闘しているのですから、地下茎
の排除は、不可能なのでしょうか。
2016.04.28 Thu l たびいくひと. URL l 編集
Re: よしか さん
よしか さん コメントありがとうございます。
お久しぶりですが、皆さんお元気ですか?
ざっと計算して4000円弱ですね。
面積から考えると、・・・・かかっていますね。
ホームセンターの小袋ですから、仕方ありませんね。
趣味の費用と思えば安いものです。
2016.04.28 Thu l たびいくひと. URL l 編集
大農場
沢山作っているとは思っていましたが、ここまで広大とは!
これではしばらく旅行へ言っている場合ではないですね。
これだけの作物を一人で管理してゆくとは、結構な重労働ですね。国王といえども休む間が無いですね。

うちの裏庭家庭菜園はこの1/100程度でしょうか。
狭いながらも昨日、スイカ苗を4株買ってきました。
スイカは作らないのですか?
お孫さんが喜ぶのではないのかなぁ~
2016.04.28 Thu l 静岡のおっちゃん. URL l 編集
我が国民は野菜中心の暮らし
>我が国民は、いかに野菜中心の暮らしをしているかがお分かりになるだろう。
きっと国民平均寿命も、相当伸びるに違いない。

〇これだけの野菜があれば、病気知らずでしょうね(笑)。
 それにしてもすごい作付量、面積はどれくらいですか。
 一人で管理ですか。
 草々
 
2016.04.28 Thu l ささげくん. URL l 編集
No title
皆さんおっしゃる通り、広いですね~
専業農家さんですか?と聞きたくなるくらいです
そちらも、我が家と同じ様に短い夏の間に農作業が集中する地域のようで
これから本格的に忙しくなる頃ではないでしょうか
お互いに、身体に気をつけて
自給率アップに向けて頑張りましょう
2016.04.28 Thu l hana. URL l 編集
No title
見事な量ですね!
連作被害を防止するためでしょうか、前年の作付け場所もちゃんと残されていて、プロを感じます!!!
自分で作った食物が、いちばん安心して食べられますものね・・・
大変だとは思いますが、羨ましいことでもあります・・・
2016.04.28 Thu l 還暦おやじ. URL l 編集
Re: 大農場 静岡のおっちゃん さん
静岡のおっちゃん さん コメントありがとうございます。
畑の面積は100坪弱かと思います。
図のように、中心に道を付け、その左右に南北に畝を
作っていますので、畝の長さは8~9メートル程だと思います。
そうして考えると、ブログの図面は、左右に長く伸ばして書い
ているのかと思います。
苗を立ててからは水やりで2日以上は城を空けにくいですし、
トンネル設置している間も開け閉めがありますので1日も
城を空けれません。ただし、近所に姫2号がいますので
助けてもらっています(笑)。
マルチもトンネルも国王自ら1人で設置しますし、収穫以外は
ほとんど1人作業ですね。
そんなこともあって、出かけるのは定植前か6月過ぎになって
しまいますし、200日の旅も収穫を終えた片付けの後から春先まで
となるわけです。
スイカやメロンも母が作っていましたが、食べれるものにならない
(おいしくない)ので、その後はもっぱら他国から輸入しています。

2016.04.28 Thu l たびいくひと. URL l 編集
Re: 我が国民は野菜中心の暮らし ささげくん さん
ささげくん さん コメントありがとうございます。
収穫以外は、ほとんど1人で作業するようにしています。

この地に家を建設中に54歳で他界した父は、定年を楽しみに
2区画の土地を求め、1区画を畑としましたが、完成を見ずに
他界しました。
そんなこともあり、完全な住宅地ではありますが、横にもう1戸
家が建てれる土地があり、畑として活躍しています。

亡き父母も、愛妻も自分も野菜好きですので、トマト40本分の
収穫トマトは全て胃の中です(驚)。医者も真っ青。
面積は正確ではありませんが、100坪弱だと思います。
今はセミリタイアの身分ですが仕事もあり、草だらけというわけです。

2016.04.28 Thu l たびいくひと. URL l 編集
Re: hana さん
hana さん コメントありがとうございます。
図の書き方が良くないせいか、広く見えすぎますか?
実際には畑としては100坪弱だと思いますが、植えている
量は結構多いでしょうか・・・。
冬は冬眠しますので、越冬食料も力を入れていますので、
畑を余すことはありませんね。春から秋の限定作業です。
すぐ病気になり、収穫期間は短いですが、期間中は野菜を
調達することはほとんどありませんね。
2016.04.28 Thu l たびいくひと. URL l 編集
Re: 還暦おやじ さん
> 見事な量ですね!
> 連作被害を防止するためでしょうか、前年の作付け場所もちゃんと残されていて、プロを感じます!!!
> 自分で作った食物が、いちばん安心して食べられますものね・・・
> 大変だとは思いますが、羨ましいことでもあります・・・
還暦おやじ さん コメントありがとうございます。
プロなんてとんでもありません。見よう見まねでやっています。、
一応母から畑を受け継いだ10年前から、図面は残して有ります。
畑仕事も重労働の作業がありますが、全体的には楽しんでいますね。
最低限の農薬(オルトラン・殺虫剤)がないと青虫などで食べれる
ものにならない時だけ使用していますが、殺菌剤などは使っていません。
2016.04.28 Thu l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿