2014.8.1 金曜日


        ←古い記事      新しい記事 →


車中泊の全国一周への夢は、30年ほど前の家族での遠方ドライブに始まったのかもしれない。

若い時で所得もそれほど高くない時期に、セダンの乗用車で函館まで足を延ばしたとき、時間と金銭の節約で夜中に出発し長万部で仮眠したのが夢の始まりだろうか?

数年後には自家用車はワンボックスになり、車中泊らしきものが始まった。2人の子どもはまだ小さく何とか家族で毛布などにくるまり、寝ることが出来た。子どもが成長するにつれて、時には前座席の背中を倒して苦しい姿勢の睡眠もあったが楽しい時間を過ごした。

子どもが高校生になるころには一緒に行動せず留守番することも多くなり、徐々に夫婦だけの車中泊になったがワンボックスカーは3台続いた。

その間、コーヒーを飲むためにやかんやコンロを積み込み始め、寝袋を用意するなど2~3日の車中泊とインスタント麺などの簡単な調理も始まった。

ゴールデンウイークなどには、釣りや登山などの余暇も始まりその期間も長くなり、車中泊は楽しさの代名詞になり退職後の長期車中泊や全国一周へと夢を広げた。

その夢はいつしか現実に近づき、紅葉と共に南下し桜と共に北上したいと計画するに至った。




2014.08.01 Fri l 全国一周 旅の概要 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿