2016. 7. 6 水曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



今日は昼から仕事の予定があり、札幌市と旭川市の間にある深川市に行って来た。

20160706 (30)R

深川市は農業が基幹産業で米の生産量が多く、北海道有数の食料基地でもある。

そんな深川市の農村風景が目に入り、写真に収めたので皆さんに紹介したい。

20160706 (5)R

水田のようすで、田植えをして約1カ月半と言ったところか。

最近ぐんと稲が大きくなり、水田の水面が見えにくくなってきている。

深川市は、日本一の米産地と自負しているらしく、米の乾燥施設もバカでかい。




次は、水田の転作で栽培している大豆で、これも最近ぐんと生長してきた。

20160706 (6)R

後半月もしないうちに、地面が見えないほど大きくなるに違いない。

大豆は、味噌や醤油、豆腐の原料となり、和食には欠かせない農産物だ。

下の写真は、中々目にする機会は無いのではないかと思うが、何かわかるだろうか?

20160706 (13)R

これは長芋でこの地域の特産品だが、帯広川西農協の長芋がやはり有名なのだろう。

こんなふうに上にイモのツルを伸ばして、収穫はユンボなどの機械で掘るらしい。




次は収穫が近くなってきた小麦の畑のようすだが、一部倒れている小麦もある。

20160706 (14)R

豊作で頭が重い、雨や風が強かった、茎が長すぎなど、いくつかの原因があるようだ。

倒れると収穫が大変そうで、雨に長く当たると麦が発芽してくると聞いたのだが・・・。

次の写真は、色づいて来た小麦の穂で、これは秋に播種する小麦らしい。

20160706 (1)R

この他にも春まき小麦もあり、春に播種する種類がある。

20160706 (9)R

何といっても、こちらの方が、ひげがありいかにも麦らしいのだが・・・。

最近の北海道の小麦は、パンにも麺類にも適した品種も多く、人気が上昇している。






最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.07.06 Wed l 普段の生活 l コメント (2) l top

コメント

小麦畑
広い大地に小麦の穂が風で波のように揺れ伝わってゆく光景は特別に好きです。
あの色(ライトグリーン)がなんともいえず爽やかに思えるのです。
 静岡朝9時 すでに31.8度。
今日は34くらいまで上がる予想になっています。
爽やかさとは程遠い日になりそうです。

日本一周旅行の難敵は雨より暑さかもしれませんね。
2016.07.07 Thu l 静岡のおっちゃん. URL l 編集
Re: 小麦畑 静岡のおっちゃん さん
静岡のおっちゃん さん コメントありがとうございます。
小麦畑もだんだん黄金色になりつつあります。
昨日見ますと、秋まき小麦の方が茎が固くなって風に
揺れにくいですが、春まき小麦はしなやかに揺られていました。
自分の旅は、冬ですので、暑さは心配ないですが、
北海道と言えども夏は暑くなりますので、北海道への避暑でも
確かに暑さ対策は必要なのでしょうね。
34度ですか・・・絶句です。
北海道はエアコンがないので、車の中に逃げ込むしか
方法はありませんね。
そうそう、我が家には涼しい地下があるんでした・・・。
2016.07.07 Thu l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿