2014.10.6 月曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



2014.9.26 金曜日  出発初日


朝は 娘の家 千歳市 で迎える。

朝食をいただき、孫を学校に行くのを見送り、7時半ころ娘に送ってもらい娘の家を出発。

集合時間30分前に千歳空港に到着。

この旅は旅行会社が全国から募集した成田発着の旅で、年間40本ほど組まれている。

この日の出発は、千歳空港から人気添乗員が同行。

なんと北海道からは我ら夫婦1組の参加で、九州など全国から36人が参加するとのこと。

9時30分の千歳空港発の全日空便で羽田空港へ。

千歳から羽田空港まで乗った ANA 便の飛行機をパチリ。

20140926 (2)20140926 (6)

上の右の写真は、羽田空港から成田空港まで乗ったバスの乗車券。

なんと、旅の成功を予感させる「777」だったのでまたパチリ。



旅の案内書に、羽田から成田まではリムジンバスと聞いていたので「リムジン」に期待を寄せたが・・・

20140926 (5)

名前だけがリムジンで、単なる普通のバスだった。

全国から集まった旅の仲間の話しでも、「リムジンバス」に変な期待をしすぎていたようだった。



16:00発  成田発 のエアーカナダAC0010便の カナダのカルガリー空港行に乗る。

成田空港の案内板はこれ。

20140926 (8)20140926 (11)

右は機内の個人用モニター付きの座席。

最近の飛行機もこんなに進化していて、テレビや映画などが見れて長旅をいやしてくれる。

ただ 問題なのは、ほどんどが英語やフランス語なこと。

約10時間のフライトも英語苦手な自分は時間を持て余したが、「相棒」は日本語だった。

エンジンの騒音がなければもっと楽しめたのだが・・・・。





機内食はこんな感じ。

20140926 (12)20140926 (16)

成田を16:00 に出発し、カルガリーに到着したのは同日の10:10ころ。

日本との時差が15時間で、まるで過去にさかのぼった感じだ。

右の写真は、カルガリーの空港で出迎えてくれた 馬 の像の4頭。



回転台で、自分の荷物を見つけ一安心。

20140926 (15)20140926 (24)

取っ手に赤いリボンを付けて行ったので、見つけやすかった。

以前の海外旅で、自分の荷物がほかの空港へ間違って飛ばされ困ったことがあった。

その時は風呂に入った後、荷物が届くまで裸同然だったので風をひいた。



入国手続きも無事終了し、11:00にはバスで  目的地の バンフへ出発。

上の右の写真は、カルガリー空港から バンフ へ向かう途中の風景。

山がむき出しで、車窓には荒々しい山々が続く。

道路はしばらく片側4車線の、無料のフリーウエイ(高速道路)が続き、100キロで走る。

カルガリーが遠ざかると、片側2車線になった。



カナダのバンフに到着後、1:40にカナダで最初の食事の昼食。

いかにも北米っぽいフライドポテトやツナサンド。

20140926 (25)



バンフでの最初の観光は、かの有名なマリリンモンロー主演の映画「帰らざる河」で知られるボウ滝。

20140926 (28)

滝としては落差が小さいが、バンフ中心地から近い場所にありかなり有名な滝だ。

下の 左の写真は滝の横を、右の写真は滝から下流をパチリ。

20140926 (35)20140926 (37)



ボウ川をはさんで、バンフの南にあるカスケード公園から見た バンフを見下ろすカスケード山。

20140926 (41)

ちょうど虹がかかっているが、この写真でわかるだろうか。



写真にはないが、バンフは「黄葉」で、その木はポプラがほとんど。

下の右の写真はカスケード公園に落ちていた そのポプラの葉をパチリ。

20140926 (45)20140926 (47)

上の右の写真は、公園の管理棟とカスケード山をパチリ。



管理棟の全体はこんな建物。

20140926 (48)

おもむきがあって、異国情緒たっぷりの建物で印象に残る。



次に向かったのが、カスケード山の隣にそびえるサルファー山展望台。

そのゴンドラをパチリ。小さいがスピードがあり、眺望は抜群だ。

20140926 (51)20140926 (54)

右の写真が、サルファー山の頂上から見た下界の風景。

頂上駅には、さらに高いところに展望台がある。

20140926 (60)

頂上までは、駅から歩いて約10分ちょっと。  急ぐと20分ほどで往復できた。



下山して次に向かったのは、サプライズコーナー。

そこからは、バンフで有名な高級ホテルの バンフ・スプリング・ホテル が見える。

20140926 (63)

「驚きの曲がり角」との名の付いたサプラーズコーナには、急カーブの曲がったところに展望台が。

曲がり角から、バンフ・スプリング・ホテル が見える驚き とのことか?

カナダ旅行者の憧れのホテルで、同行者の中にも2組が別料金で泊まった。

もともと城を増改築したホテルと聞いたが、1人2泊で40,000円の別料金は高いか安いかは個人の判断。



夕食は、アルバータ牛のステーキ。

20140926 (67)20140926 (62)

接近してストロボを使用したため、白くとんでいるがお許しを。

右の写真は、携帯の待ち受け画面。

気が付くと、日本時間と現地時間が一緒に表示されている。

移動するごとに時差も変わるが、そのたびに現地時間の表記も変更された

7:15 バンフホテルの ターミガン イン に到着。

2連泊する。



出発地  千歳市の娘の家
宿泊地  カナダ バンフ   ホテル ターミガン イン 



お詫び:仕事をしながらのブログ更新で、毎日のアップは難しそうで先にお詫びしたい。

改めて、毎日更新している人たちに頭が下がります。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「日本一周」「車中泊の旅」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



2014.10.06 Mon l 2014年カナダ・アメリカ旅 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿