2016. 7.17 日曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



クリックで旅の足跡の地図表記


旅行日数   3 日目

出発地点  北海道 せたな町 道の駅 てっくいランド大成

到着地点  北海道 ニセコ町 ニセコアンヌプリ ユースホステル

走行距離 152 km   累計走行距離 530 km




今朝暗いうち(昨夜遅いうちかな?)に、雨の音で一度、目が覚めた。

雨音は小さく、さほど寝にくいと言うことは無かったので、そのまま寝込んだ。

今朝は7時近くに目が覚め、外気温は19度近く(誤差はあるが)になっている。

20160717 (1)R

昨夜テレビを消したときには、12.2Vだった電圧も、いくらか回復。

曇天でも、ソーラーコンロローラーはランプが点いていてわずかだが充電している。

肝心の道の駅の写真を写すのを忘れてしまい、最近チョクチョク忘れることがある。

もうあれが(あれです)始まっていて、今のうちに日本一周と焦りも出てくる年齢だ。




今回の旅は、車中泊のお試し(全国一周のあくまで試験?)で来たのだが・・・・。

今日は道を踏み外し(車中泊の)、愛妻のリクエストでユースホステルに宿泊する。

距離的にはさほど遠くないので、今朝ものんびりと10:30ころ 道の駅を出発した。

最近、飲むヨーグルトにハマっていて、道の駅に売っていた飲むヨーグルトも買った。

道南の旅としながらも、函館までは、行くことができなかった事をお許しを。




下の写真は、国縫(くんぬい)の漁港で、最近来ていないが懐かしい釣り場だ。

20160717 (2)R

ここはワイングラスのような形をしている漁港で、地図では下のようになる。

20160717 (3)R

今日は釣り道具も持って来ていないので、釣り人の姿を見て退散した。



風呂の利用は、黒松内町の温泉ぶなの森で、ここに来るのは2回目で大人500円。

20160717 (7)R

入り口を入ると正面にカウンターが。

20160717 (6)R

カウンターの横には、小さいながらも売店がある。

20160717 (5)R

脱衣所までは写真を撮ったが、浴室には人がいてスルー。

20160717 (4)R





風呂を1時間ほどで終え、宿に向かう途中に、黒松内町の道の駅くろまつないに寄る。

20160717 (9)R

写真は残していないが、道の駅内にはパン屋があり、ピザの販売が特徴の道の駅だ。

20160717 (8)R

トイレを済ませて、一路 今夜の宿の ニセコアンヌプリ ユースホステルに急ぐ。




ニセコアンヌプリユースホステルの建物全体像で、オーナーの手づくりの建物だ。

20160717 (13)R

この建物は30年ほど前までは、そのまま「ペンション明るい農村」だった。

当時からオーナーも同じ人で、この施設は50回ほど(アバウト)利用している。

すぐそばがニセコアンヌプリのスキー場で、ふもとでは気球も飛ばしている。

20160717 (30)R

玄関は2階で、フロントや食堂も二階にあり、部屋は1,2,3階にある。

20160717 (14)R

階段を昇って行くと、玄関前の踊り場。

20160717 (12)R

玄関を入ると、木造で手作りの温かみが伝わって来る。

20160717 (15)R

食堂で、テーブルは丸太を半分に切ったものを使っていて豪快だ。

20160717 (11)R

廊下にある洗面台は、いつも清潔感があふれている。

20160717 (18)R

部屋は1部屋ずつ造りが違い全てベットで、ユースだが家族単位の宿泊もできる。

20160717 (16)R

泊まった部屋は「ななかまど」の部屋で、3人部屋でロフト付きの部屋だ。

20160717 (17)R

こんなスリリングな部屋はそれぞれ造りが違い、子どもたちも大喜びだった。

1階には部屋もあるが、暖炉や本箱もおかれていて、落ち着く場所だ。

20160717 (20)R

食事はご飯食べ放題で、コーヒーもお代わり自由。

20160717 (21)R

20160717 (22)R

シャーベットのデザートも付いていて、今日の味は何だろう(日替わりで違う)。

20160717 (23)R

明るい農村だった名残が、こんなところにもあった。

20160717 (24)R

他にも結構なつかしいし明るい農村のペンションだったころの名が残っている。

こんな料理にこんな部屋で、料金は1泊2食付きで大人1人5,500円程度はお得。

料理もおいしいしボリュウムもあり、オーナーは気さくで、部屋は清潔で言うことない。

この建物を、オーナーが手造りしたとは信じがたいが、自分が目撃証人(改装目撃)。

ペンションとの違いは、料金が安くなったのとシーツ類の回収(セットはされている)。

ここに初めてお世話になったのは、オーナーの長女が生まれて病院から帰った当日。

それから通い続けて、1年に1度も来ない年は無く、複数回の年もあった。

その長女と、次女は嫁いで、去年おじいちゃんとおばあちゃんになったようだ。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.07.17 Sun l FC2との戦闘記 l コメント (8) l top

コメント

良い雰囲気
お早うございます。

ユースホステルとは思えない雰囲気ですね。
また、手作りとも思えない良い出来です。
この環境でしたら車中泊でなくてもokですね。

スリーピングシーツ持参のユースにしか泊まった
ことがないもので・・・。
2016.07.18 Mon l ichan. URL l 編集
No title
北海道には沢山の穴場があるんですね。
有名どころしか行ったことのない私ですが、それ以外のところは畑と牧場だけだと思い込んでいました(失礼)。

もう15年は北海道には行っていませんが、また行って見たくなりました。
2016.07.18 Mon l porter. URL l 編集
タイトルに!
お早うございます。
タイトルだけ見るとビックリしますが、こういう道の外し方ならOKでしょ!
それにしてもきれいなユース、さすが元ペンションですね!
次回旅に、時間とコースが合えば是非お泊りしてみたいものです(^_^.)
2016.07.18 Mon l 還暦おやじ. URL l 編集
No title
車中泊ではないというのはこういう事だったんですね
こんなにお値打ちに雰囲気のいい清潔な宿に泊まれるのなら
奥様に同感です
日本一周の時も、時々は広いお布団で眠れる予定も入れたいと思う私です (-_-)zzz
2016.07.18 Mon l hana. URL l 編集
Re: 良い雰囲気 ichan さん
ichan さん コメントありがとうございます。
ユースのイメージは、若者だけで相部屋。
強制的に夜は集まり歌を歌ったり・・・・。
でもここにきてユースのイメージは一変しました。
自分のような年配客もいます。
北海道に来た時はぜひ利用してください(笑)。
2016.07.18 Mon l たびいくひと. URL l 編集
Re: porter さん
porter さん コメントありがとうございます。
我々の年代の方も利用していました。
北海道は7月に入っても結構涼しい日が続き、皆さん
帰りたくないと本心を語っていました(笑)。
きっと帰ったら地獄の暑さが待っているのでしょうね。
2016.07.18 Mon l たびいくひと. URL l 編集
Re: タイトルに! 還暦おやじ さん
還暦おやじ さん コメントありがとうございます。
ペンションの時は確か8000円弱?だったと思いますが、
ユースにしても料理は変わらず2000円も安くしてしまって
いますね。
なぜユースにしたかは理解できませんね。
付近のペンションも結構行きましたが、やはりここの
ユースに戻ってきてしまいます(笑)。
2016.07.18 Mon l たびいくひと. URL l 編集
Re: hana さん
> 車中泊ではないというのはこういう事だったんですね
> こんなにお値打ちに雰囲気のいい清潔な宿に泊まれるのなら
> 奥様に同感です
> 日本一周の時も、時々は広いお布団で眠れる予定も入れたいと思う私です (-_-)zzz
hana さん コメントありがとうございます。
200日の車中泊でも、1週間から10日に1回は安宿
(民宿やユースなど)も予定に入れています。
最初に行った時はオーナーが一人で料理を出すのに走り
回っていたのですが、奥さんは産後間もなかったのでした。
その子の年を聞くと28歳で結局28年前から通い続けて
いるんですね。
娘さんの人生とペンション通いの人生が同じです(笑)。
2016.07.18 Mon l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿