2016. 9.29 木曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



「1日に水2リットル飲む目標 22日目 達成」




普通の親子は、どことなくや すごく似ていたりしていて、親子と分かりやすい。

自分も父親にすごく似ていて(頭のうすさは少しだけ)、おやじの子として疑わない。

しかも 人が言うには 母親似でもあり、両親と思っている親は間違いないのは確か。

しかも自分の写真を見て、兄とも似ていると思うし、姉にも似ているとい言われる。

まあ、親子は、こんなふうに似ているのが、一般的な事だと思うのだが・・・。



我が家に、この子とこの親は本当に親子なのかと疑うことがある(笑)。

それは、愛妻が伸びすぎたハイビスカスの先端を切って、一輪挿ししていた子だ。

ハイビスカスは実に強いと思う木で、挿し木をしても着きやすいのだろう。

しばらくすると、その枝から根が伸びて来たので、鉢に植えてみたのだ。

植えた子の葉は、その親のハイビスカスの葉と同じこんな形をしていたのだが。

20160929 (10)R

初めは親と同じだったが、段々大きくなるにつれて新たに出て来た葉の形はこうだ。

20160929 (11)R

さらに、その上の葉は、益々くびれが大きくなっている。

20160929 (12)R

少し引いてみると、親と同じ葉と、大きくくびれた新しい葉が混在している。

20160929 (15)R

これが、本当に(本当だが)親と同じDNA(挿し木なので同じ)なのかと疑う。

赤い花のハイビスカスだったのだが、黄色い花が咲いたりして・・・ありえないが。

今後どんなになって来るのかも、楽しみなところだ。



8月7日に、去年より1カ月早くシクラメンの再生(再再生)を行っている。

去年初めて再生を試みたが、花が遅れてクリスマスに間に合わなくて、早めたのだ。

今年は、土から球根を出さずに、そのまま水を入れただけなのだが・・・。

シクラメンA鉢             シクラメンB鉢
20160807 (2)20160807 (3)

それでもちゃんと葉が出てくれて、今のところ再再生は成功しているようだ。

そして今のA鉢は、葉は大きいが数が少なく、その後の小さな葉の予備軍も少ない。

20160929 (2)R

そしてB鉢は、たくさんの葉が出ているが、葉が小さい。

20160929 (3)R

さらに、B鉢の小さい葉の予備軍がたくさん出ていて、A鉢とB鉢の様子が違う。

この後はどんな変化が出るかも、楽しみなところだ。



北海道も9月末になって来ると、秋がだんだんと深まって来る。

9月20日には大雪山の紅葉の話も聞こえてきていたが、ここの平地も色づいている。

20160929 (6)R

春先の葉は青々としていたが、もう落葉しそうな状態になってきた(自慢のズーム)。

20160929 (8)R

我が孫3号が、母親の娘2号に言った言葉が面白い。

小2の孫3号は「段々秋が深まって来たね~~。寒くなったので手袋を」と・・・。

まだこの辺でも手袋を身に着けている小学生は皆無なのだが・・・。

手袋を早く履く(北海道では手にも履くという)口実だと思うが・・・。

それでも間違いなく、秋は深まってきている。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.09.29 Thu l 普段の生活 l コメント (6) l top

コメント

No title
ハイビスカスの葉っぱ
どうしたのでしょうね?
芙蓉の葉っぱに似ています
真相は花が咲いたらわかりそうです
2016.09.29 Thu l hana. URL l 編集
Re: hana さん
> ハイビスカスの葉っぱ
> どうしたのでしょうね?
> 芙蓉の葉っぱに似ています
> 真相は花が咲いたらわかりそうです

hana さん コメントありがとうございます。
本当に不思議で、益々くびれが深くなっているようなんです。
果たしてこのまま生育して花が咲くのかも分かりませんし
どんな花になるのか見届けたいと思います。
花もくびれていたりして・・・(笑)。
2016.09.29 Thu l たびいくひと. URL l 編集
No title
お早うございます。
そうそう、自分の子供のことですが、奥さんは自分の子だと確信は持てるのでしょうが、父親はと言うと奥さんを信用するだけ。笑
そのうち喋れるようになって「お父さん」と言う言葉を頼りに育てました。
父親と言うものはバランスボールに乗っているみたいで、奥さんに「実は・・・」と言われればひっくり返ってしまいます。笑
ちなみに家の子供たちは父親似のやつはいません。笑
2016.09.30 Fri l ひで. URL l 編集
Re: ひで さん
ひで さん コメントありがとうございます。
自分に双子がいる場合、他の人には区別が付かなくても
自分には分かるものです。
子どもが自分に似ていないと思っても、他人には区別が
付かないほど似ていると言われますよ(笑)。
バランスボールは乗ったことがありませんが、とても
分かりやすい表現ですねv-218✌。
愛妻は高校卒業時(就職してから)ずっと見張っていた
(一緒に行動)ので、自分より信用できます(大笑)。
ハイビスカスから随分話が飛びましたね。
2016.09.30 Fri l たびいくひと. URL l 編集
No title
北海道でも、南国のハイビスカスが育っているのですね~
管理がお上手そうですもん。葉っぱが・・・?
咲くお花が楽しみですわ? 

シクラメンも大成功の様ですね。

我が家の息子は、夫に瓜二つでございますわ。^^
皆に、そっくり~と言われております。
2016.09.30 Fri l みやこ草. URL l 編集
Re: みやこ草 さん
みやこ草 さん コメントありがとうございます。
ハイビスカスは、やはり生育環境が悪いせいか、
買って来た時だけ花が咲きますが、その後はたまに
しか咲きません。
枝だけ伸びたので、切り落とし一輪挿しにさしていて
根が出ました。
果たしてつぼみが出来るかたのしみですね。
親子はやはり似るんでしょうね。
2016.09.30 Fri l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿