2016.10. 6 木曜日    


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



 宿泊地   立ち寄り地  ■最新行程   ■今回行程  ■過去行程




出発地点  北海道芦別市 道の駅 スタープラザ芦別

到着地点  北海道三笠市 道の駅 三笠

本日走行距離     60 km     累計走行距離     807 km



この旅を出発してから、急に仕事が迷い込んだのは昨日のブログで記した。

芦別市での仕事だったので、芦別市の道の駅スタープラザ芦別で車中泊したのだ。

20161006 (6)R

今朝起きたのは6:00で、その時の外気温は9.6度で昨日よりはるかに暖かい。

ブログの訪問や洗顔、朝食などを済ませ、仕事に間に合わせた。

現場の仕事は1時間程度で終え、そのまま出発地でもある最寄りの道の駅に到着した。

出発地点に到着したことで、一応今回の旅は終了した。



今回の車中泊旅の総括

今回の旅の表面上の目的は、タイトル通りの 「秋を楽しみ B級グルメを巡る旅 」だ。

「秋を楽しみ」の紅葉は、期待した大雪高原温泉がすでに終わっていたし、雨だった。

反面、雨の予報だった5日には晴天で、十勝岳の紅葉もまずまずといったところ。

しかも前日の雨が雪に変わっていて、山頂の雪景色も出来過ぎだったのだろう。



「B級グルメ」では、リサーチ不足から、苫小牧のホッキカレーには有り付けなかった。

が、それはそれで良い思い出として脳裏におさめて、この次の挑戦を誓った。

スパカツは、愛妻の「再犯しないように確認を」に押され、電話したので有りつけた。

「B級グルメを巡る」と大袈裟に書いたのだが、2カ所だけでしかなかったが・・・。

しかしこれ以上増やすと、外食中心になってしまうのでそれで良しとした計画だった。



表面上があるのなら、隠れた目的もあったので紹介する。

隠れた目的の一つは、直前に購入した1.5合炊飯器「タケルくん」の試験だった。

資料には、炊きあがりに30分ほど(炊飯量や電圧にもよる)と書いてあったのだが。

初回は約30分ほどで炊きあがったが、さらにむらすのに15分ほどかけた。

20161003 (14)R

その後の炊飯は時間を計っていなかったのだが、えらく時間がかかっている気がした。

それでも米の1.25倍ほどの水で、固めの美味しいご飯が炊けたので満足している。

欲をいえば、2合炊けて、内釜が外れると洗いやすくて完璧なのだが・・・。



隠れた目的の二つ目は、車内での肉や魚の調理に関する試験だった。

誰しもが「車内での肉や魚の調理は油が飛び匂いがついて無理」と否定するのだろう。

普通のガステーブルであれば、確かに肉や魚を調理するのはやり過ぎと自分でも思う。

が、それを想定して流し台を作ったので、それを試験しないといけないのだ。

初めから、流し台の上に板を敷いて、その上にコンロを置き煮炊きする計画だ。

20161004 (60)

まず流し台は先日も記事にしたが、5方を囲みファンを取り付けパイプで車外に排気。

さらに、調理する側の1面には、ビニールでカーテン(赤く囲った)を取り付けたのだ。

20161006 (2)R

普段は、黄色で囲ったパイプに厚手のビニールを巻上げて、上で止めてある。

必要に応じて止めてあるビニールを下に垂らし、流し台から車内に匂いを逃がさない。

初めての今回は、あまり匂いを発散しないような魚と肉を選んで購入した。

クッキングシートをフライパンに敷いて、鮭のハラミを焼き、チキンローストを温めた。

20161006 (3)R

否定的でやめた方が良いと言っていた愛妻も、匂いがしなかったのに驚いた様子。

そして出来上がった料理(焼いただけで料理と言えるかは別問題)はこんな感じだ。

20161006 (5)R

こげもしないし、フライパンもほとんど汚さないで済み、片付けも楽だった。

匂いが多く出る食べ物で調理し、排気が完全に外に出せれば成功なのだが・・・。

それが出来たら匂いが外に漂い、他の車から離れた場所での調理が必要なのだろう。

それは又の機会に譲ることにするが、まずは小手調べと言ったところだ。

ビニールカーテンは、熱で溶けるかとも思ったのだが、多少熱を持ったが使えそうだ。

車内には、CO感知器も設置してあるし、窓も空けて 安全は確保してある。





最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.10.06 Thu l 車中泊 予行演習 l コメント (8) l top

コメント

No title
こんばんは。

実経験に基づき、かなり工夫されていますね。
準備万端整って、カウントダウン開始ですね。
2016.10.06 Thu l ichan. URL l 編集
Re: ichan さん
ichan さん コメントありがとうございます。
準備は整いつつありますね。
カウントダウンはあまり長すぎて、ピンときません。
何かアクシデントがあって、準備だけで終わらなければと
願っています(笑)。

2016.10.07 Fri l たびいくひと. URL l 編集
No title
たびいくひとさん おはようございます。
素晴らしい!!!デス
お食事の幅が広がりますね。
匂いを吸収しないキッチンパネルと自作換気扇の力作に加えてビニールカーテン(^^)v凄いです。
ぱぴくる♪号は手の込んだDIYは出来ないし洗いものを出さない調理限定となるので大そうなお料理はできないのですが、窓庇と換気フードの構想はあるのです・・・前面のビニールカーテン効果はかなりなものかと。。。参考にさせていただきますm(__)m
2016.10.07 Fri l ぱぴくる♪. URL l 編集
こんにちは。
とても車の中だとは思えません。昨日聞き忘れたのですが、お茶碗とかはどこで洗うんでしょうか?。道の駅で洗うんでしょうか?。
2016.10.07 Fri l ひで. URL l 編集
Re: ぱぴくる♪ さん
ぱぴくる♪ さん コメントありがとうございます。
今回の旅では雨除けひさしの出番はなかったのですが、そのうち
機会が巡ってくるでしょう。
ビニールカーテンは、最初かなり厚手のものを使い巻き上げると
下したときにカールしたままとなり、薄いものに変更しました。
多少波打って少し心もとないですが、良しとしています。
あくまでも自己満足ですが・・・。
2016.10.07 Fri l たびいくひと. URL l 編集
Re: ひで さん
ひで さん コメントありがとうございます。
11年前の日本一周時には10リットルの清水タンクのみでしたので、
洗い物は公園やキャンプ場などでしましたが、雨降るとできませんでした。
その経験を生かし 今回は、清水タンク20リットル、汚水タンク10リットル
を流しの下に積んでいますので、台風でも大丈夫です(笑)。
洗い物もその流し台シンク(プラボックス)を使って洗っていますよ。
水はねもキッチンボードの壁が防いでくれていますので、快適です。
洗剤やスポンジ類もシンクに置いてあります。
水は飲んだり、洗ったりもしますので、2日間で清水20リットルを使い
汚水は10リットルほどたまります。
水の半分は飲んだり調理などの洗い物以外に使っていることになります。
当初汚水タンクも20リットルを考えたのですが、10リットルで
十分でした。
2016.10.07 Fri l たびいくひと. URL l 編集
アイディアマン
こんにちは!
ビニールカーテンも考えるなんて、ほんとアイディアが豊富です!
それもこれも、お試しで匂いがこもったりしての進歩なのだと思いますが、改良されているのが素晴らしい!
今後も、出発までにいろいろ物で改良があるのでしょうか・・・
2016.10.07 Fri l 還暦おやじ. URL l 編集
Re: アイディアマン 還暦おやじ さん
還暦おやじ さん コメントありがとうございます。
「必要は発明の母」と申しますから、必要にかられて改造をしてきた
ところです。
今後の改造は、やはり必要に駆られないと重い腰を上げないので
不便なところがお試ししながら出て来ましたら手掛けようと思います。
今考えているのは、後部の窓ガラスは濃いスモークフィルムが貼って
ありますので車内が暗いんです。
しかも紺色のカーテンを巡らしていますし、跳ね上げ式のテーブルが
窓を隠していますので、なお光が入りません。
後部の5枚のガラスの内3枚のカーテンを外して白のプラダン(多少光が
入りますが、夜に光が外に多少漏れる程度で中は見えません)にして、
テーブルを丁番で2枚に折れるように構想を練っています。
果たしてどうなることやら・・・。
2016.10.07 Fri l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿