2016.11. 8 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

「1日に水2リットル飲む目標 62日目 達成」


今日のこの話題は 簡単に言うと、車庫にどの車を入れるかと言う たわいもない話だ。

どちらにもそれなりの理由があって、一応決めたが、今でも心の中では迷っている。

二者択一を迫られるにはそれなりの理由があり、その起因は12年前にさかのぼる。


12年まえに、定年まで少し早いがそれまで勤めていたところを早期退職した。

次の職場が見つかっていた訳ではないが、毎年膨れる事業計画に嫌気がさしたのだ。

苦労して計画をクリアしたとたん、次年度にはさらに大きな計画を立てねばならない。

毎日数字に追われる生活がうっとおしくなり、しかも職場は対人関係が複雑だ。

1年まえから退職を決めて、愛妻には退職を快く承諾してもらって今に至った。

車は、車中泊も楽しめる日産ラルゴに乗っていて、今の車中泊の基礎を作っていた。


退職すると同時に、以前から考えていた日本一周の車中泊に出発してしまった。

その38日ほどが、その後の200日の車中泊計画の引き金になっている。

1年間は失業手当などで忍んでいたが、ある日先輩から電話がかかってきた。

「今遊んでいるのなら、仕事してみないか」と、先輩だった前任者からの声掛けだ。

仕事は決められたエリア内で指示に従って調査し、報告書を提出すると言うものだ。

今でこそ効率的に走行するが、初めは調査で平均90キロほどの距離を走っていた。

一カ月3000キロ弱の走行で、年間3万キロに近い走行距離となっていた。

燃料代は自分持ちの請負の仕事で、ラルゴの燃費9キロ/リットルは重荷だった。

リタイア後は200日の全国一週を考えていて、燃料代の節約に取り掛かった。

仕事の間は、車中泊にもめったに行けないので、思い切って軽自動車に入れ替えた。

母も高齢になっていたし、しばらくは車中泊も出来ないと封印することを決めた。


軽自動車に入れ替えて、燃料代や税金などの維持費は、以前の半分ほどになった。

それから7年ほど経過した時、何時までもこうしていらえないと判断。

体力や気力などで日本一周の事を考えた時、一定の年齢での実行が必要と気が付く。

日本一周の旅は2年後に出発しようと決めて、去年車中泊用ハイエースを買った。

その時点では仕事を辞めたら、車はハイエースだけにしようと考えていたのだが・・・。

今年の初め、仕事で使っていた軽自動車のエンジンが使用不能になってしまった。

かと言ってハイエースで仕事に行くには小回りが利かず、仕方なしに軽を入れ替えた。

結局今でも車は2台あるが、車庫は2年前に建て替えた1つしかないのだ。


古い軽自動車だった時は、大事な(笑)ハイエースを車庫に入れていたが・・・。

今年の春に軽自動車が新しくなった時点で、新車の軽自動車を車庫に入れていた。

ところが今年の春に、ハイエースにソーラーパネルを設置してしまったのだ。

つい先日までも、軽自動車を車庫に入れていたのだが、ブロ友さんから質問があった。

「ハイエースのソーラーパネルが雪の重みで破損しないか」と・・・。

20161104 (5)R

このくらいの雪であれば問題ないが、雪が30センチ以上も降ったらと心配になった。

ここまで長い話だったが、それが「甲乙付け難い二者択一 どちらを選ぶ?」の話題だ。


車庫は1つなので、その車庫に軽自動車を入れるかハイエースを入れるかだ。

幸にして車庫を建て替えた際、シャッターの高さを230センチにしてあったのだ。

ハイエースのハイルーフにソーラーパネルでは車庫に入らないが、ノーマルなのでOK。

軽自動車を車庫に入れると、雪下ろしが不要で、すぐに出発出来るのは都合が良い。

一方ソーラーパネルの破損も心配だし、さてどうしたものかと思案していた。

ハイエースを購入した時も迷ったのだが、結局大事なハイエースを車庫に入れた。

新車で購入した軽も大事だが、車中泊車を破損させるわけにはいかない(笑)。

来年には完全にリタイアして、その秋には日本一周に出発するのだから・・・。

色々と迷ったが、軽の雪降ろしに時間が掛っても、車中泊車を車庫に入れる事にした。

皆さんなら、こんな時、どちらを選択しますか?




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.11.08 Tue l FC2との戦闘記 l コメント (14) l top

コメント

No title
うーん…一緒に悩んでみましたが
わかりませんでした
わかったのは「雪」は大変ってことです
主人が「雪の降らない場所」とこだわっていた理由がよくわかります
毎日乗る車を出しやすい所とは考えますが
雪の重さを考えずに簡単な屋根をかけられる事をありがたいと思います
2016.11.08 Tue l hana. URL l 編集
No title
我が家もキャンカーと軽ですが、どちらも青空です。
一応車庫はあるのですが、キャンカーは高さが3mありますので入りません。
敷地が狭いので車庫の前にキャンカー、その前に軽という順番で停めています。
普段は車庫は空いていて、長期出動のときだけ軽が入ります。(全然参考になりませんね。)

積雪によるソーラーパネルの破損は、キャンカー仲間の間でも話題になったことはないですね。

青空の方が、ソーラーからの常時充電によりサブバッテリーの寿命が延びるという説もあります。
我がキャンカーのサブバッテリーは7年目に入っていますが、まだ元気なのはこのせいかもしれません。

軽で思い出しましたが、長期出動のときは、軽のバッテリーのマイナス端子をはずしておかないとバッテリーが上がりますよ。(ご存知かと思いますが)
2016.11.08 Tue l gen. URL l 編集
難しすぎます
宝物のハイエース優先で大正解~って気もしますし、
何といってもお仕事優先、出勤毎の体力温存(腰温存?)で軽を車庫に入れるかも・・・

うーん 分厚い木の板を使って防雪壁がある片流れの軽ギリギリサイズのカーポートを自作しちゃうかも。

思い切って多雪地仕様のクリアルーフのハイエース用カーポートを作って、そのまま夏場のソーラー充電に使えれば理想かなぁ。。。と思いますが、費用が・・・(泣)

どの方法にしても積雪があると一筋縄でいかないってことですね。

冬の間は車中泊封印されちゃうのですか?
くるま旅を続けられるのならハイエースの除雪は(ソーラーもあるし)とっても大変ですね。

答えが出ないままのコメント失礼致しました。


2016.11.08 Tue l ぱぴくる♪. URL l 編集
No title
こんばんは。
ソーラーパネルに積った雪を落とす状況を想像すると、積雪量が
多かったり積った雪が凍るとかを考えると破損の可能性があり、
そのまま外に出しておくのは避けたいですね。

外に置くとしたら、
・一時的にソーラーパネルを取り外す。
・ソーラーパネルの上にコンパネみたいなものを被せる。
などの方法が思いつきましたが、面倒だし、軽を外に出すのが
手っ取り早いかな。
2016.11.08 Tue l 気旅. URL l 編集
Re: hana さん
hana さn コメントありがとうございます。
雪は意外なところに影響を与えますね。
簡単な屋根は、冬ではすぐガラクタになります(笑)。
シバレるのも厄介で、先日の少しの雪でも融けたりシバレたり
してソーラーパネルの上は凍っていて雪が落とせませんでした。
白い雪景色も良いですが、雪の無い地域も良いですね。
2016.11.09 Wed l たびいくひと. URL l 編集
Re: gen さん
gen さん コメントありがとうございます。
アルミのキャシャなフレームと軽いパネルでは、そんなに
耐久性は無いと思いますが、意外と丈夫なのでしょうか。
gen さん のコメントを愛妻が見て「晴れた時はハイエースを
車庫の外に出すといいんじゃない」と言っています(納得)。
軽のバッテリーの件はその通りですね。
知ってはいるんですが、除雪機も夏のバッテリー外しを
しないで一夏過ごしてしまいます。
出発準備の一覧表に、バッテリー外しも記入しました(笑)。
情報ありがとうございました。
2016.11.09 Wed l たびいくひと. URL l 編集
Re: 難しすぎます ぱぴくる♪ さん
ぱぴくる♪ さん コメントありがとうございます。
ポンコツで安いですが大切なハイエース(笑)に多くの
費用は掛けれませんね。
家の前に車を駐車しているだけで、除雪の時は移動しなければ
ならないので、面倒なのですが他に置く場所はありません。
除雪機で雪を飛ばす場所も確保しなければならないので、
空いているからと言うだけでは駐車場所とはならないのも
悩ましいですね。
2016.11.09 Wed l たびいくひと. URL l 編集
Re: 気旅 さん
気旅 さん コメントありがとうございます。
冬はチョコチョコ車中泊と言う訳にはいかないので
ソーラーパネルを外して、車庫にぶら下げることも
考えていますが、やってみるのにも勇気がいりますね。
幸にして、スキーラックで井に組んで載せています
ので、その可能性は高いですね。
コンパネも一応考えたのですが、金属の上に積もった
雪と違って、雪を落とすのが大変になります。
2台が入る車庫にしておけば一番だったのですが、
2台持つ事も想定外ですし車庫が高額になりますし・・・。
2016.11.09 Wed l たびいくひと. URL l 編集
紀伊半島に行ってきました
こんにちは、3日から一週間程度と思い天候を確認して関宿、室生寺など、九度山、和歌山、熊野古道、志摩などを巡ってきました。北海道のハイエースは札幌と旭川の方と交流できました。その他ハイエースの多々見ましたがソーラーはつけておられなかったです。皆さん、私のワゴンRを見てよくやるなという感じでした。
2016.11.09 Wed l さかやん. URL l 編集
No title
おはようございます。
私はハイエースに1票です。
なぜかって、それはハイエースのほうが高いから。
軽だとたびいくひとさんだったら簡単な車庫ぐらいは作っちゃうんじゃないですか?。
ハイエースのを作ろうとすれば大工さんが必要になります。
2016.11.09 Wed l ひで. URL l 編集
No title
おはようございます。

やはり、ハイエース車庫に・・・というほうですかね。
軽の雪下しも大変だとは思いますが、ルーフに何もなければ雪も掃きやすいかと・・・
脚立を使わずとも可能でしょうしね・・・
2016.11.09 Wed l 還暦おやじ. URL l 編集
Re: 紀伊半島に行ってきました さかやん
さかやん さん コメントありがとうございます。
今の紀伊半島付近は、こちらと比べて気温は高いの
でしょうね(ちなみにこちらは今の外気温マイナス1度)。
自分の軽もワゴンRですが、ワゴンRでの車中泊は一晩だけです(笑)。
2人旅ですので、やっと何と寝れたと言ったところです。
ワゴンRでの車中泊は、1人でも大変でしょうね。
2016.11.09 Wed l たびいくひと. URL l 編集
Re: ひで さん
ひで さん コメントありがとうございます。
ハイエースに1票 承りました(笑)。
祖父は大工でしたが、父も自分も大工っ気は無しです。
車内のベットは、だれも目にしないのでひどい作りですが
自己満足の世界ですね(笑)。
従って、軽の車庫を作ると、暴風雪ですぐつぶれます。

2016.11.09 Wed l たびいくひと. URL l 編集
Re: 還暦おやじ さん
還暦おやじ さん コメントありがとうございます。
ハイエースに1票 ありがとうごさいます。
ハイエースの中古ですので、軽を新車で買ったよりより安いのですが
これからの旅を考えると・・・ハイエースが大切でしょうか(笑)。
脚立もその通りですね。
2016.11.09 Wed l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿