2016.11.23 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

「1日に水2リットル飲む目標 77日目 達成」


昨日の22日はいい夫婦の日(11.22)だったが、同じ年の従兄の通夜が営まれた。

今日は告別式で、朝9時からの開式に間に合うように我が家を出た。

昨日の通夜には大勢の弔問客が来て、皆が従兄の死を悲しんでくれたようだ。

今まで交流が続いていたようで、50年ほど前の高校の同級生仲間も来てくれていた。

火葬場には30人以上の家族や親類が出向き、骨上げを行って来た。

その後の49日までの繰り上げ法要も、しめやかに行われた。

家族にとっては悲しい事だが、葬儀を終了する事で気持ちに整理が出来ただろうか。

3年前の母の93歳の死の時もそうだが、葬儀を終えて現実を受け入れれた気がした。



母方の我が従兄(従姉)は、10人にそれぞれの相方を入れた20人だった。

今回の従兄の死で、1人かけて19人になったが、いままで3回の従兄会を開いた。

もちろん存命のその親も参加して来たが、現在では両親らは全員他界してしまった。

今回他界した従兄の親が、一番最後に残った叔父だが、今年の1月1日に他界した。

1家で1年に2組の葬儀を催したことになるが、50年ほど前にもっとすごい経験がある。

その亡くなった叔父の兄(も叔父)の他界した10日後、その父親(我が祖父)が他界。

10日後に2回目の葬儀を出し、そんな話は聞いたことが無かったので驚いた。

我が従兄連中は、昭和17年生まれから昭和26年生まれまでいるが、全員が60過ぎ。

正直いつ迎えに来てもおかしくない年代になったことは間違いない。

話しを聞くと胃を全摘出した話しとか、短期入院だとかの話しが聞かれる年だ。

兄弟にも内緒だったが、自分の硬膜血腫の頭の手術などもあり、気が抜けない年代。

健康には気配りし、少なくても次に欠ける人間にはならないようにしたいものだ。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.11.23 Wed l 普段の生活 l コメント (4) l top

コメント

No title
お悔やみ申し上げます。
そしてお疲れ様でした。
年齢を経て来ると健康の事が
すごく大切になりますね。
食事の面とかできる事を気をつけたいものです。

たびいくひとさん、今年の冬は寒くなるのが早いですね。
そちらももう雪で白く覆われている事でしょう...
暖かくして身体をいたわってくださいね。
本当にお疲れ様でした。

2016.11.24 Thu l ハーモニー. URL l 編集
No title
こんにちわ~。
一人欠けて寂しくなりましたね~。たびいくひとさんの次にはならない心がけ、その通りだと思います。
でも、分からないのが世の常です。「あしたには紅顔あれど、夕べには白骨となれる身なり」という、蓮如さんの言葉もありますから。
従兄さんの元へ行った時に、あれやこれや愚痴ばかりということにならないよう、お互いに悔いの少ない人生を送りましょう。
2016.11.24 Thu l ひで. URL l 編集
Re: ハーモニー  さん
ハーモニー さん コメントありがとうございます。
この歳になると、若い頃の健康を気にしない生活が
うらやましくなります。
人間ドックに行くと注意を受けることが多くなり
注意事項と上手に付き合う人生を送るしかなくなりますね。
今日は今季一番の降雪で、シバレタ上に乾いた雪が降り
もう根雪になったのかもしれません。
11月での根雪はそんなに多くありませんので、これから
除雪に大変になりそうです。
2016.11.24 Thu l たびいくひと. URL l 編集
Re: ひで さん
ひで さん コメントありがとうございます。
命根性が汚いからとか愛妻が悲しむからと言うのは、長生きする
理由にはならないでしょうか(笑)。
1人でも悲しむ人がいる以上、互いに健康には注意が
必要でしょうね。
今まで全員が健在だったことが奇蹟かもしれませんね。
こちらはもう根雪になるかもしれませんが、能美地方も
雪が多いのでしょうか。
これから半年は冬ごもりです(笑)。
2016.11.24 Thu l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿