2014.10.18 土曜日


        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



10月も中旬を過ぎ、広葉樹も葉を落としはじめ木々も寒そうにしている。

我が家の畑では、親しくさせてもらっているご近所さんから頂いた丸く咲く菊がびっしり花をつけている。

20141018 (1)

草丈は40センチほどだが、寒空にもアクセントをつけている。



秋の10月は、越冬中の食料調達が命をつなぐ?大切な仕事だ。

タマネギは親類から100キロを調達したし、大根や白菜はこれから収穫する。

我が家の100坪弱の畑でも、馬鈴薯の「きたあかり」を植えている。

作る面積は少なく、収穫した馬鈴薯は20キロほどか。

今年のイモの出来は良くなく、小さいイモも多い。

そうでなくても、冬眠中に食べるにはかなり不足している。

したがって、毎年40キロほどのニセコ産「きたあかり」を買いに行っている。

車で3時間半ほどかかるニセコだが、自然豊かで紅葉もきれいな地域。

買いに行くのは口実で、遊びに行くついでに買っているのが現実か・・・。

今年はカナダ・アメリカの旅行もあって、例年より20日ほど遅くなったが、愛妻と2人で昼頃自宅を出発し買い出しに出かけた。




普通だと交通量の少ない支笏湖経由で行くが、札幌経由の中山峠を通って行った。

紅葉も期待して行ったのだが、今年は例年より紅葉が早く到来し完全に遅すぎた。

中山峠の頂上には、トイレや売店、食堂などが完備されている。

20141018 (2)

そして中山峠と言うと・・・。これが有名。

20141018 (3)

あげいも・・だ。  いも3兄弟みたいだが、1串300えん。

馬鈴薯にホットケーキミックスのような(失礼、秘伝の?)衣をつけて油であげてある。

結構人気で、今日は2時ころだったが、20人ほどが買うために並んでいた。



中山峠を下り始めると、遠方に蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山が見える。

目的地のニセコ方面は、羊蹄山のふもと。

京極町を通って、毎年イモを買っている倶知安町の三条市場という店に行く途中・・。

羊蹄山を北東側から見ると・・。

20141018 (4)

北側からは逆行だが…こんな風景。手前の川は、清流の尻別川。

20141018 (7)

また、北西側からは・・・。冠雪しているのがわかる。

20141018 (6)



倶知安町では、娘の分も含め「きたあかり」60キロを購入。

購入後は、久しぶりにニセコ町の五色温泉で入浴を楽しんだ。

入浴後は軽く夕食を食べて、本日の宿 出発前に予約した コンフォートインニセコ にチェックイン。

初めて利用したが、こぎれいで1泊朝食付きで4000円は、気軽に利用できる。

明日はどのような行動するかはまだ未定。明日考えることにした。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →



この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「日本一周」「車中泊の旅」「ブログ初心者」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村



2014.10.18 Sat l 自産自消の少農生活 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿