2016.12.12 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

「1日に水2リットル飲む目標 96日目 達成」


今日はトイレの鍵に関する話題を3つばかり・・・。

最初の話題は、今から10年前に我が家に孫1号を預かった時の話しなのだが・・・。

娘1号が孫2号の出産の際、2歳になる孫1号を初めて1人で我が家で預かった。

親を求めて泣かれることを覚悟していたのだが、意外と簡単だった(立派な孫 笑)。

娘1号が退院して来る1週間を、孫1号は多分じっと我慢していたのだろうと思うが。

全く泣かずに1週間を過ごし、凄い兄貴ぶりで 男をあげた(笑)。

その際、孫をトイレに閉じ込め無いように、鍵の位置を高いところに移動した。
   20161212.png
こんな仕組みのもっと簡単な鍵が、家を建てた時から付いていた。

孫がトイレで鍵をいじって開かなくなっては困るので、手の届かないところに移動した。

現在のトイレのドアには、ノブも変えてこんな鍵が付いている。

   20161212 (2)

赤○の部分で、外からでも開けれる構造になっているので、安心なのだが。

だが、2歳にもなるとそんないたずらもしなかったので、心配はいらなかったのだが。



トイレの鍵の話の2つ目は・・・愛妻の母(義母)の家での出来事だ。

義父が他界して義母は1人暮らしになり5年ほど経過したころだろうか。

まだこの近辺では水洗トイレになっていない時期の話で、チョット赤面する話だ。

義母の家に遊びに行った自分は、トイレに行きたくなってトイレのドアを開けた。

その時なんと、中には義母が入っていて、二人とも驚いてしまった。

1人暮らしが長くなり、普段からトイレに鍵もかけずに入っているらしいのだ。

義母も自分も、知らない顔をしていたので、大ごとにはならなかったのだが・・・(笑)。

いくらなんでも、トイレの鍵をかけずに、入るなんて信じられなかったのだが・・・。



トイレの3つ目の話は・・・最近の自分の話しだが・・・。

義母のトイレ事件(笑)の20年以上経過した現在では…今度は自分が同じ事を・・・。

娘1・2号の2人が嫁に行って、母が3年前に他界してからは、愛妻と2人暮らしだ。

最近、自分もトイレに鍵をかけていないことに、フッと気が付いたのだ。

片方がいないとまずはトイレに行っていると思い、出て来るまでトイレにはいかない。

そんな生活が続くと安心して、トイレに鍵をかけていないことがあったのだ。

そんな癖がついてしまうと、孫が遊びにに来ていても、鍵をかけていないこともある。

今まで開けられたことはないが、最近は注意していて鍵をするようにしている。



ついでなのトイレの話をもう一つ・・・。

我が田舎の・・・しかも60年も昔の話だが・・・当然昔ながらのボットントイレ。

トイレットペーパーもなかった時代だが、中国のように縄でもなかった時代(笑)。

トイレには切った新聞紙が置いてあり、用後は新聞紙を使っていた。

固かったので、新聞紙を手でもんでやわらかくして使っていたのだ。

60年後の今ではウォシュレットで、水が出て来てやわらかい紙も用意してある。

当時では考えられないほど、文明的で近代的になっている。

時代が変われば様子が違ってしまい、まるでトイレに神(紙)様が住んでいるようだ。

長生きはするもんだと思える、つくづく時代の変遷を目撃したトイレの話だ。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.12.12 Mon l 祖父母と孫 l コメント (8) l top

コメント

懐かしいです
子供のころを思い出しました。我が家もボットントイレでしたね。
私もまいど新聞紙を手でもんでやわらかくして使っていたのを
懐かしくおもいます。
2016.12.13 Tue l haru&mai. URL l 編集
Re: 懐かしいです haru&mai さん
haru&mai さん コメントありがとうございます。
今はすべてにい時代になりましたね。
便利で機能的で、良質なものがそこら中に有ります。
でも、昔のことを言うと笑われる時代になりつつあるので
しょうか・・・少し寂しいですね(笑)。
2016.12.13 Tue l たびいくひと. URL l 編集
No title
お早うございます。
懐かしく聞かせていただきました。トイレの話です。
私の実家も50年位前までは新聞紙でした。
肥を汲むのに便利なようにトイレは外にあり、夜も更けてトイレがしたくなると姉を起こし着いてきてもらいました。いまでも、話にのぼりまして冷やかされます。笑
そうそう、私も妻と2人暮らしになってからトイレに鍵は掛けなくなりました。くせになったら大変です。気を付けます。笑
2016.12.13 Tue l ひで. URL l 編集
Re: ひで さん
ひで さん コメントありがとうございます。
ひでさんは自分より若くても、そんな記憶があるん
ですね(喜)。
我が家は家にトイレが有りましたので、バッチ(末っ子)
の自分でも一人でトイレに行けました(笑)。
いつもの通り鍵をかけずにトイレに入っていて、
戸を開けられたら、孫にもひんしゅくかいますね。
お互いに注意しましょう。

2016.12.13 Tue l たびいくひと. URL l 編集
No title
失礼します。
北海道でもバッチというんですか、私たち(実家の一族)もバッチ(ばっしだったかな?)と言いました。
私ですか?。
バッチのように親には可愛がられませんでした。木っ端カスといわれた3段男坊です。笑
2016.12.13 Tue l ひで. URL l 編集
Re: No title
ひで さん 再度のコメントありがとうございます。
バッチでも金バッチならいいのですが(笑)。
自分は兄、姉、自分の末っ子で、最期まで親の膝を独占
していた覚えがあります(嬉)。


2016.12.13 Tue l たびいくひと. URL l 編集
No title
我が家では誰も鍵はしないようです
磨り硝子で中の電気が着いているのが解るし
スリッパを脱いで、トイレ用のスリッパに履き代えるので
スリッパの有る無しで使用中と判断できるからです
家は190年前のものですが、トイレはウォシュレットです
2016.12.13 Tue l hana. URL l 編集
Re: hana さん
hana さん コメントありがとうございます。
入っていることさえわかれば、それで済む話ですよね。
愛用しているニセコのペンションも、トイレ前に
スリッパがあり分かりやすいでした。
ただ、最近しっかりとドアを閉めないこともあるんで
それはNGですね(笑)。
190年前の家とウォシュレットは、中々いい組み合わせです(喜)。
2016.12.14 Wed l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿