2016.12.21 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


我が居住地での車の走行は、冬場が一番厄介な運転になる。

もちろんスリップが重大な要素で、路面のアスファルトが出ていても危険だ。

気温や路面の温度によっては、シバレルときは本当に滑り、ABS装置が働く。

あのブレーキを踏んだ時の、ガタガタと振動するのは何時になっても慣れない。

だが、スリップ以外でも冬の走行時に困ることが幾つかあり、慎重な運転が必要だ。



その一つは、雪と風が強まった時の、いわゆるホワイトアウトだ。

夜でも昼でも前の10メートル先が見えなくなり、止まると追突され、進むと追突する。

一番いいのは大きな駐車場に入れることだが、進むのも戻るのも勇気がいる。

そんな時は、セミリタイアの自分は、初めから天候を調べ仕事をキャンセルする。

以前に暗くなって大雪が降って風もあった時、仕事帰りに危険を感じたことがある。

前にはトラックが走っていて、前の車と10メートルほど離れると道路幅が分からない。

たまたまそのトラックは平ボディで、キャビンの後ろにスポットライトを付けていた。

そのスポットライトが見えるギリギリのところを走り、車間距離を測ることが出来た。

そしてある時は昼間だが、路面幅が分からず、道路脇の除雪用矢印を目印に走った。



前が見えないと言われると、ワイパーもその原因をつくる。

低温で雪降りの時、スノーブレード(冬用ワイパー)を利用しているが、徐々に結氷。

ワイパーでも氷は除けず、徐々に視界が狭くなっていくので、時々氷を落とす。

ワイパーがゴムで覆われていても、部分的には氷が付き、厄介なものだ。



暖かく、道路が出ているからと言っても、それで良しとはならないのだ。

12月までと3月からは、今度は雪とけの泥水が車体やウインドウを汚す。

ウインドウォッシャー液は欠かせず、欠かすと前が見えなくなる。

前を走っている車が、シッパネ(方言?後に跳ねた泥)をあげて自分のフロントを汚す。

自分の車がシッパネ(粒状にした泥水)をはねあげて、自分のリアウインドウを汚す。

雪の降った後の暖かい日に多く、今日も路面はぬれていて、シッパネをあげた。

明日は今日よりも暖かくなりそうで、さらに泥水がウインドウを汚すのだろう。

この時期はこまめにウォッシャー液の点検をするか、予備の液を積んでおくことだ。

降ったら降ったで、融けたら融けたで、シバレたらシバレタで、寒冷地の運転は厳しい。

春の連休でも冬タイヤが必要な時もあり、冬タイヤとノースブレードが手放せない。

いつも夏タイヤにするのは、ゴールデンウイークを過ぎてからだ。

来年の秋から再来年の春までの200日の旅では、スタッドレスタイヤを使う予定だ。

必要によっては、途中で買い替えも考えねばと想定している。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.12.21 Wed l 北国の冬の暮らし l コメント (12) l top

コメント

ホワイトアウト
こんばんは(^^)
本当に、ホワイトアウトは怖いですね。
地元で一度だけ経験しました。
40年以上も前、1m先も見えず、止まると後方からの追突が怖いし、
歩くよりも遅い速度で前進してましたが、雪の壁(除雪した雪)に
ぶつかって止まりました。諦めて引き返し、付き合っていた今の奥方の
実家で一晩お世話になりましたf^_^;
その日、ご近所の方達は家に戻ったのは翌朝だったそうです。
こんなホワイトアウトは、北海道では日常茶飯事なのかもしれませんね。
2016.12.21 Wed l 気旅. URL l 編集
小さいころい聞いた北海道あるあるは ある?
たびいくひとさん こんばんは☆
①昔聞いたコトなのですが、北海道の方は断熱効果の高い、常に暖房の効いたおうち・車・職場・お店で過ごす為、実は寒さに弱い。
本当のところは如何ですか?
たびいくひとさんの日常を伺うと、除雪などで屋外に出る率も多いですし、実生活は寒さにも強く、温かい室内との適応力が高いように思うのですが。 

雪の時期に訪れると大きな道路はヒーターが埋設されているのか綺麗に雪が溶けていますね~。当然全ての道路がそんな設備あるはずもなく・・・なのですが旅人はもっと軽く考えてしまいがちです。
厳しい北海道の生活をアップいただきありがとうございます。
世界広いどころか日本も広いですね。シミジミ・・・

2016.12.21 Wed l ぱぴくる♪. URL l 編集
No title
”ホアイトアウト”は映画の題名で知りました
私の生まれ育った地域ではウォシュ液は水道水で代用できましたが
不凍液でないとダメな地域は多いでしょうね
タイヤも寒い方に出掛けなければ夏タイヤだけで済んだし
他にもオイルなども寒冷地用が有るのを最近知りました
寒い地域は暖房費の他にも、色々と物入りですね
2016.12.21 Wed l hana. URL l 編集
Re: ホワイトアウト 気旅 さん
気旅 さん コメントありがとうございます。
ホワイトアウトが日常茶飯事と言うことは有りませんが、
1年に1~2度は遭遇しますね。
そういう時は家でじっとしているに限りますので、
仕事に行かない理由にもなります(笑)。
気旅さんのホワイトアウトは、思い出にも
なっていますね(笑)。
2016.12.22 Thu l たびいくひと. URL l 編集
Re: 小さいころい聞いた北海道あるあるは ある? ぱぴくる♪ さん
ぱぴくる♪ さん コメントありがとうございます。
基本的には本当ですね。
40年以上前に我が家を立てたころから、断熱材なるものが
壁などに入れるようになりました。
窓は2重窓ですし、しっかりとした暖房器具もあります。
従って、シャツ1枚でぬくぬくと夜でもいれます。
最近は床や天井などにも暑い断熱材が使われ、8年ほど前の
リニュアルでは、サッシも2枚ガラスになりましたし、ドアなども
隙間の無いものになり、燃料代が半分になりました(嬉)。
今現在、朝6時ですが、まだパジャマ1枚でストーブ稼働で
部屋は23度ほどです。
ただ、外は厳寒でも防寒着がしっかりしていますから、
屋外では寒さに強いのだと思います。
坂のある交差点ではロードヒーティングになっているところ
も有りますよ。

2016.12.22 Thu l たびいくひと. URL l 編集
Re: hana さん
hana さん コメントありがとうございます。
自分は夏でもウォシャー液を入れています(気が付かず
に凍るのが怖い)。
オイルは確かに寒冷地用がありますが、あまり気にしていません。
冬になったからとオイル交換はしません。
我が家の1カ月の灯油は風呂も入れて8~90リットルですが、
多いのか少ないのかは分かりません。
2016.12.22 Thu l たびいくひと. URL l 編集
No title
お早うございます。
おっしゃるとおりですね~。我が北陸でも年に何回かはホワイトアウトになり怖い目にあいます。
交通事情からいっても、表日本に優良企業が多いのは理解できます。新卒者も県内では勤めるところが少ないです。それなのに、何でも人口割りすることが公平だとは思いません。
北海道は漁業資源とかが豊富で独自性を出していますが、私のところなんて、ただの田舎で人口減少が進むいっぽうです。
2016.12.22 Thu l ひで. URL l 編集
No title
おはようございます。
止まると追突され、進むと追突する・・・
こんな中で運転するのは、神経もすり減りそうですね・・・
ふだん雪を見慣れていない者からすれば、”北海道の雪原ドライブ”は憧れでもありますが、晴天というキーワードが条件ですね!
2016.12.22 Thu l 還暦おやじ. URL l 編集
Re: ひで さん
ひで さん コメントありがとうございます。
この辺りは、北海道でも内陸部となり、農業しか基幹産業は
ありません。
田舎という資源があると思わなければいけませんね。
水田や畑を見ていると癒されますよ(笑)。
2016.12.22 Thu l たびいくひと. URL l 編集
Re: 還暦おやじ  さん
還暦おやじ さん コメントありがとうございます。
結局ゆっくりのろのろと動くのがベストな選択になりますね。
雪原でも、舗装道路は解けると出ますし、充分走れますので、
どうぞ北海道の冬に来てください(笑)。

2016.12.22 Thu l たびいくひと. URL l 編集
こんにちは
この季節!
ホワイトアウト、路面凍結、怖いですね。
特に今年はこちらでは湿雪が多く、
大雪の次の日は晴れで雪がとけ、
それがまた凍ってツルツルに~~

今年は北海道、雪が多くて大変でしょう~
ホワイトアウトの運転、怖いですね。
たびいくひとさん、運転気をつけて、
過ごして下さいね^^♪
2016.12.22 Thu l ハーモニー. URL l 編集
Re: こんにちは ハーモニー さん
ハーモニー さん コメントありがとうございます。
こちらの方は、10月の雪には驚きましたが、
その後の雪は少ない方で、現在も大した雪ではありません。
だだ、解けたり凍ったりで路面はつるつるの時もあり、
本当に注意が必要ですね。
これさえなければ、雪の世界は神秘出来で良いですよね。
2016.12.22 Thu l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿