2016.12.24 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


昨日までの北海道はずいぶん荒れたが、おかげでこの辺はさほど雪は降らなかった。

今朝は快晴で日差しが強く、暖かな朝を迎えたが、風が強かったせいか雪上に風紋が。

20161224 (1)R

家の横の畑の雪の上には、風紋だけではなく、動物の足跡もあった。

良く見ると動物の足跡のほかに、動物が何かを掘り返したあともあった。

20161224 (3)R

結構深く掘ってはいるが、そこの下には動物性のものは無く、結局あきらめたようだ。




今は経済的にも、物資的にも、良い時代になったことをつくづく感じる。

我らの小さい頃はまだ戦後の復興途中で、両親は生きるのに必死だった。

もちろん食べるものにも不自由していたし、着る物も文化的生活も二の次だった。

1949年誕生の自分の記憶にも、しっかりと残っていて今となってはなつかしい。

まだクリスマスとか、バレンタインとかの聞かれない時代で、正月と盆だけだった。

何もない時代だが、それでも正月の餅や料理は楽しみで、盆や祭の行事を心待ちだ。

時代が変わってきたと感じたのは、小学生を卒業したころではないかと感じている。



最初東京に就職したが、2年後には父親の死去に伴い、北海道に帰郷して就職した。

もうバブルの時代が始まっていて、北海道の就職先でも給料が見る見る上がった時代。

就職2年目の若造でも定期昇給のほかに、秋には1割ほどの臨時昇給があったほど。

賞与の年間支給は、基本給の10カ月分に相当するほど頂いで、今では考えれない。

それでも 就職2年ほどで結婚した若夫婦(職場婚)は、生活を切り詰めねばならない。

結婚の翌年、娘1号が誕生したが、まだクリスマスプレゼントを買うには余裕がない。



結婚して子供が生まれたので、まだ将来の生活に不安な時代だった(今も不安だが)。

当然クリスマスにもその影響は及び、多くの出金は出来なかった覚えがある。

メリークリスマスは、「ヴェリィ クルシミマス(very非常に苦しみます)」と同じだった。

そんな中でも少しは子供に喜んでほしいと、手作りのブーツを作った思い出がある。

     20161224 (0)

固い紙で靴下ならぬブーツを作り、その中に何個なのお菓子を入れて仕上げた。

当然1歳の子には分かるはずもなく、関心も引かれなかったが自己満足の世界だ(笑)。

それでも、子どもが大きくなるにつれて、クリスマスプレゼントが渡せるようになった。
 
      20161224.png

と言いながら、衣類や靴、学校で使うスキーなどの必需品がプレゼントに化けた。



孫の時代になっても、貧乏性は治らないようで、2年生の孫3号のプレゼントは衣類。

愛妻と娘2号が話し合って、ネットでサンタさんにお願いしたことで送られてきた。

さすが高学年の孫1号と孫2号は、事前に孫から電話をしてきてゲームソフト?に。

購入は娘1号らに任せることにして、我ら祖父母は出資するだけで事が運んでいる。

実に良い時代になったもので、そのいい時代の半分は商魂たくましい企業魂だろう。



婿殿2号が準備してくれたケーキも楽しんで、良いクルシミマス クリスマスになった。

20161224 (4)R

孫3号は始終ニコニコ顔の1日で、ケーキを目の前にして、1人悦に入っていた。

20161224 (5)R

美味しいおいしいと言って食べていたが、来年は祖父母と一緒のクリスマスはない。

何しろ、200日の日本一周の最中なのだから(嬉)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2016.12.24 Sat l 祖父母と孫 l コメント (8) l top

コメント

No title
こんばんは。

時代の流れと言うべきものなのでしょうね。
でも、必需品をプレゼントされただけでも大変
なことだったと思います。

現在に目を転じれば、厳しい環境に置かれて
いる方もいると思います。
同一労働同一賃金を目指しても、一旦、
非正規雇用等で形成してしまった社会構造の
是正は難しいと感じます。
2016.12.24 Sat l ichan. URL l 編集
メリーX'mas
子供の頃、ケーキは勿論嬉しかったですが、
共働きで休日が違う両親だったので、家族みんなが揃うのが一番の幸せでした♪
ひとりでいただいても美味しくないですね。
おじいちゃん おばあちゃんまでご一緒ですから、
大きくなったらきっとX'masシーズンに思い出しますね。
来年のこの日は、是非イルミネーションの綺麗なところに照準を合わせてください(笑)
2016.12.25 Sun l ぱぴくる♪. URL l 編集
Re: ichan さん
ichan さん コメントありがとうございます。
物も資金もない時代に生きて来た先人や自分は(笑)
それなりにたくましさが備わったんだと思います。
結構生き抜いて行く力は強いのでしょうね。
最近の社会構造を見ていてそう感じます(嬉)。
2016.12.25 Sun l たびいくひと. URL l 編集
Re: メリーX'mas ぱぴくる♪ さん
ぱぴくる♪ さん コメントありがとうございます。
来年は2人で車上のX'masですので、超豪華?に
過ごしたいですね(嬉)。
来年の今頃は九州だと思いますので、その辺りの
イルミネーションの状況を下調べして置きます(笑)。
2016.12.25 Sun l たびいくひと. URL l 編集
No title
おはようございます。
楽しいイブを過ごされましたね(^_^.)
こちらは、カミさんと二人だけのイブ・・・
そんなのが何年か続くと、ついつい手抜きになり、やがては外食と・・・
正月に顔ぶれがそろうのを楽しみに待っているところです。
2016.12.25 Sun l 還暦おやじ. URL l 編集
Re: 還暦おやじ  さん
還暦おやじ さん コメントありがとうございます。
孫が遠かったり大きくなったりすると、2人のクリスマス
となることが多くなりますね。
やはり行事は、気も資金も多く使いますが大人数が
にぎやかでうれしくなります。
来年のイブは、間違いなく2人だけの外食の可能性が
高いでしょうね。
2016.12.25 Sun l たびいくひと. URL l 編集
No title
こんにちわ~。
私の家はクリスマスは誰も老人には構ってくれないので、外出となりました。ですから、ケーキもございません。奥様にクリスマスやしケーキでも買う?と聞いたところ「私クリーム嫌い」と言われ、チーズケーキなら良いというんで「私、チーズが嫌い」で、今年のクリスマスは何にもなしです。
それでも、旅先には多くの人がいましたよ~。あ!あの人たちはホテルでクリスマスを祝うのか~。そういや、道の駅の車も5台くらいでした。変わり者は5人です。あははは
2016.12.26 Mon l ひで. URL l 編集
Re: ひで さん
ひで さん コメントありがとうございます。
2人での行動ですので、多少の意見の相違はあって当たりまえです。
少なくてもついてきてくれるだけありがたく思わなければ
いけません(笑)。
ショートケーキでそれぞれの好みを選ぶのもいいですね。
来年は、クリスマスも、正月も、超豪華な車中ホテルで(笑)
過ごすことになりますので、どんな年越になることやら(嬉)。
来年は、超変わり者が1人いるのは、確実な状態ですね。
2016.12.26 Mon l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿