2017. 1. 8 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


自分が母から家庭菜園を引き継いだのは、第1の職場を早期退職した55歳の頃。

亡き母は85歳の時まで、ほとんど一人で野菜づくりを進めていた。

自分が手伝った作業は、マルチ敷きやトンネル張り、肥料運びなどの力仕事だけ。

85歳までコツコツと一人で作業していたが、それを引き継いでその大変さを実感した。

今の家庭菜園の作る作物や作り方などは、ほどんど母のやり方を踏襲している。

少し進歩?したと言えるのは、ナスやトマトを種まきから始めたことくらいだろうか。

そうそう、長ネギの栽培も始め、春キャベツや春白菜も栽培している。



我が家の家庭菜園の問題点は、ずばり、半身萎凋病を持つ土壌だと言うこと。

それは多くの野菜が影響を受けているのだろうが、特にトマトやナスの被害が多い。

まだトマトは収穫開始が早い方なので、病気の症状が出る前にも収穫できている。

それでも、収穫の最盛期になり始めるころには、下葉の方から茶色になって来る。

いずれ花が付かなくなり、茶色の葉も全体に広がり、5段目くらいしか取れないのだ。

そんなこともあり、トマトを40本も植えるのは、家庭菜園の域を超えているのか・・・。

専門家に見せた訳ではないが、トマトもナス科の植物なので半身萎凋病だと思う。



被害が最もひどいと思っているのは、ナスで、収穫前から葉の色が変色してくる。

真夏の盛りを過ぎたころから、少し回復傾向になるようだが、時すでに遅しとなる。

下手をするとほとんど収穫できない木もあり、そのため30本も植えている(笑)。

それでも十分に食べた記憶はあまりなく、厄介な上に深刻な問題で改善策が必要だ。

その改善策とは、ちょっと素人には無謀かと思うが、継ぎ木に挑戦することだ。

そんな知識も技術もないのに、秋までも柔らかくておいしいナスを食べたいのだ。



まずは台木をどうしたらいいかをネット検索して、タキイ種苗のホームページに到着。

台木の種も各品種あったが、その中から良さそう?な台木の「耐病VF」品種を選んだ。

だが、タイキ種苗には、1,000粒入り4,536円の大袋しかなく、そんなに必要はない。

小袋はないかとさらにネットで検索し、長野県のつる新種苗のネット販売に到達した。

そこには、30粒で486円(送料別)の小袋があり、試験するには適当な量で注文した。

その際、「耐病VF」の継ぎ木と相性のいいと穂木の「筑陽(ちくよう)」30粒も注文した。



そして届いたのが、下の写真の台木と穂木の種だ。

20170108 (4)R20170108 (3)R

「耐病VF」は、大袋を小分けしているようで、写真の入らない袋を使用していた。

アレアレ、良く見ると、穂木用に「筑陽」を注文したのに、間違って「黒陽」が届いている。

種苗会社に「間違っているが、黒陽も試験して見るので、筑陽を別に送って」と連絡。

先方からは「発送を間違えたので、筑陽を送るが黒陽も試験してください」と無料で・・・。

そして後日、「筑陽」も郵送で送られてきたのが下の写真だ。

          20170108 (1)R

こうなれば、「筑陽」と「黒陽」、それぞれの継ぎ木なしと継ぎ木ありを試験してみる。



種と一緒に、継ぎ木の仕方の説明書も同封されていた。

20170108 R

この説明書にしたがって、2月の中旬から作業を開始しようと思っている・・・・。

人生初の継ぎ木試験だが、「うまくいったらお慰み」程度に挑戦して見るつもりだ。

うまく行ったら、今度はトマトの継ぎ木にも挑戦したいと考えている。

いずれにしても、「取らぬ狸の皮算用」には、なりたくないのだが・・・(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.08 Sun l 自産自消の少農生活 l コメント (10) l top

コメント

ナスの台木
こんばんは、情報ありがとうございます。
私もナスの小袋販売の台木を探していました。
他に、スイカ、トマトの台木も扱っているようですので、早速、つる新種苗に注文してみます。
2017.01.08 Sun l ふくちゃん. URL l 編集
難しそう・・・
 こんばんは、cricketです。

 僕も昔は市販の接ぎ木苗を買ってましたが
普通の苗に比べて
やはりあまりに高いので
最近は普通の苗を使ってます。
自分で接ぎ木をしようなどとは
考えたこともありませんでしたが
記事を読ませていただいたら
好奇心がむくむく湧いてきますね。
でも今年は種から育苗だけにしておこうかな「(^-^;)
2017.01.08 Sun l showycricket. URL l 編集
No title
土地の性質には頭を痛めますよね。
うちは水はけの悪さです。
粘土質なんです。
貴兄と違って、町のふれあい農園の一区画でやってます。
毎年、トマトとナスは接ぎ木苗でやってます。
高くて困っています。
2017.01.09 Mon l 福岡の田沼. URL l 編集
Re: ナスの台木 ふくちゃん さん
ふくちゃん さん コメントありがとうございます。
継ぎ木に挑戦するにしても、台木の種の調達など
から挑戦しなければなりません。
今はネットと言う便利なものが有りますね。
方法も色々ありそうで、まずは最も簡単な(プロ向け
と言われているみたいですが)ブログにも乗せた穴を
開ける方法で挑戦しようと思います。
2017.01.09 Mon l たびいくひと. URL l 編集
Re: 難しそう・・・ showycricket さん
showycricket さん コメントありがとうございます。
葉物や大根だけでしたが、いつしか自分もナスやトマト
の播種を進めていました。
それはそれで楽しいもので、showycricket さんも
夢中になるのではないでしょうか・・・。
ただ、室内で育てますので、どうしても日光不足で?
徒長してしまうのは仕方ないですね。
2017.01.09 Mon l たびいくひと. URL l 編集
Re: 福岡の田沼 さん
福岡の田沼 さん コメントありがとうございます。
ナスやトマトの播種を始めたのも、苗代の高さからでした。
安上がりにできますし、苗が育っていくのも楽しみですが、
家の中の窓のそばの場所を確保しなければなりません。
接ぎ木苗は倍以上の価格しますよね。
2017.01.09 Mon l たびいくひと. URL l 編集
No title
お早うございます。

種からとは恐れ入ります。
発送ミスがラッキーなこともあるものですね。
どんな茄子が収穫できるか、ブログを拝見
させて頂くのが楽しみです。
2017.01.09 Mon l ichan. URL l 編集
Re: ichan さん
ichan さん コメントありがとうございます。
発送ミスも、前回のようにソーラーコントローラーを
何度も間違われても困りますが、こんな間違いは
歓迎ですね(笑)。
「どんな茄子が収穫できるか」とありましたが
全く収穫できないと言うことも念頭に
入れておいてください(笑)。
2017.01.09 Mon l たびいくひと. URL l 編集
No title
すごいですね
プロであるトマト屋長男も、接ぎ木は研修時に経験済みですが
ある程度(5千本以上?間違ってるかも)の本数でないと
自分で接ぎ木するのは採算が合わないそうで
接ぎ木を買っています
素人の私は、もちろん買ってます
ナスとトマトを種から育てているのに驚いていたのに
今度は接ぎ木?!
子供の時は理科の実験とか好きだったのでしょうね
2017.01.09 Mon l hana. URL l 編集
Re: hana さん
hana さん コメントありがとうございます。
プロのトマト屋長男さんは、失敗すると1年食べていけない
かもしれませんが、素人は失敗しても苗を買えばいいだけなので
気楽ですよ(種代だけの損失)。
父も若い時馬鈴薯の芽にトマトを接ぎ木して芋とトマト
の両方を収穫した記憶があります(笑)。
リスクの少ない挑戦って面白そうですよね(笑)。
2017.01.09 Mon l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿