2017. 1.25 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


ここ最近、日本中が寒波に覆われているようだ。

我が居住地も、寒い朝が続いていて、火の気のない布団から起き出るのが億劫だ。

1月20日以降は、5日間連続で最低気温がマイナス10度を下回り今期最低気温か?

朝起きてくると普段の冬では、居間の室温が低くても13度なのだが・・・。

さすが昨日は、居間が温まるまで震えながら朝のパソコンタイム。

でも、ポータブルと普通のストーブの両方をたくと、15分ほどで20度ほどになる。

昨日は、最低気温が-19度を下回り、居間でも今季最低の11度しかなかった。

この辺りでは今季最高の凍ルド(Cold)な日で、雪は少ないが寒さはピークか。

あまりの低温に、車のエンジンがかかるかをラジオでも呼びかけていた(笑)。



先週の土曜日は最低温度が-13.5度で、日曜日は-14.2度だった・・・。

その両日は近所の娘2号家族が泊まりに来ていて、2連泊して帰ったのだが・・・。

内線(近いので内線が通じる)が来て「水道が出ない」と大騒ぎしている。

今まで水道が凍ったことは無かったのだが、引っ越しして8年で初めて凍結した。

正月など連泊して行ったこともあるのだが、気温が高かったのか凍結しなかった・・・。

娘ん家は、不凍栓が2カ所に有って、トイレは床上だが台所は地下にある。

凍ったのは台所の方で、水道管は下図のようになっている。
  
  
  
    流し台蛇口
    風呂蛇口 
 洗濯機蛇口  
 水道管
   
        
 不凍栓
 
 
地上 
        
床下から伸びている水道管は、全てが保温カバーでくるまれているのだが・・・。



下の写真は我が家の写真だが、娘ん家も水道管はこんなカバーがかかっている。

20170125 (1)R

同じ我が家のボイラーだが、こんな風に水道管の露出は無いように覆われている。

20170125 (2)R

そんな状態になっていても、水道管が凍ってしまったのだ。



それから、地下にポータブルのストーブを持込み、カバーを外し温めた。

居間の床上の水道管のカバーも、外せるところは外して、温め溶けやすくしたのだ。

保温カバーが掛かって凍りにくいが、溶かすときもカバーがあるので溶けにくい。

我が家からもポータブルストーブを持って行って、水道管に直接熱風を掛けた。

2時間ほど熱したころだろうか、やっと流しの水道が出始め、その後風呂なども出た。

おかげで水道管が亀裂する程凍ったわけではなかったので、漏れ水もなかった。

やはり、不凍栓を上手に使わないと、生活に支障をきたす事にもなりかねない。

油断大敵なので、もちろん今年の長期旅には、最新の注意を払わなければならない。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.01.25 Wed l FC2との戦闘記 l コメント (2) l top

コメント

No title
マイナス19℃!
上には上がありますね(正しくは下ですが)
占冠でしたか?先日マイナス30℃以下でしたね

我が家も湧き水の方は、もう何日も凍って出ていません
凍らせないないよう、出しっぱなしにしていたのですけど

2017.01.26 Thu l hana. URL l 編集
Re: hana さん
hana さん コメントありがとうございます。
占冠や陸別は、内陸性の気候で厳寒地として知られています。
水道管の凍結は、そのままにしてい置くと水道管を
破裂させ、暖かくなると水浸しになるのが怖いですね。
2017.01.27 Fri l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿