2017. 2. 6 月曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


今年は雪が少ないと、今までのブログでも何回か報告してきた。

我が家の周りの雪は、降り方も少量ずつで、降雪間隔もあいていて少ない。

屋根から落下する窓下の雪の排雪も、まだ一度もせずに経過している。

今季の冬もすでに半分は過ぎ、立春を向かえたが後半はどんな冬となるのか。

今のところ、このままの少雪が続いてほしいとは思っているが、そうはなるまい。

今までのシッペ返しが恐ろしいし、年々年を取っているので除雪は億劫だ。

去年の今頃のブログを確認していると、2月7日の写真はこんな大雪だった。

20160207 (1)R20160207 (5)R

左の写真は、ハイエースに積もった雪で、赤○は除雪機の上に積もった雪。

右の写真は、玄関の階段に積もった雪と雪かき用ジョンバー。

この日は43センチの雪が降って、除雪が大変だったのを思い出した。



いずれにしても、去年の様な大雪はまだないし、せいぜい20センチで楽をしている。

だが、今後の雪を考えると、今のうちに屋根下の雪を除雪しておいた方が賢明だ。

幸にして、今週前半は仕事の予定も無く、今日は雪の心配もないので除雪日和だ。

思い切って今日、愛妻の実家の義母宅の屋根下の雪を除きに行って来た。

最初はスノー(ママさん)ダンプでしようと思っていたが、雪が固すぎて刺さらない。

以前も一度、除雪機を使ったことがあるので、今回も除雪機を使った。

     20170206.png

一度我が家に戻って、除雪機を10分ほどの距離を自走して運んだ。

除雪機で雪を飛ばすと言えども、次の2つの理由で難儀した。

①雪が砂のようにサラサラの状態で、踏み固まらず除雪機が埋まる。

②昨日暖かかったので一部雪が融けた上、低温になっていて固いところがある。

前進する除雪機のキャタビラが空回りする場合は、腰を入れて腕と腹で押す。

後退の場合の空回りは、腰を入れて手の力で機械を引っ張り上げるしかない。

雪こそ少なかったが、年を取って来ると機械と言えども扱いに苦労した。

二等辺三角の屋根なので、2カ所の屋根の下の雪を2時間と少しを掛けて除いた。

汗はビッチョリかき、腕は力が入りにくく、帰宅後急いで風呂に入った。

ブログを書いている今も、肩の周りから腰の周りのだるさを感じ、疲れたのが分かる。

若くもないし、翌日に疲れが残ることも考えられるので、今日は早めに床に就こう。

自分の家の屋根の雪はまだ手を付けていないが、いつでも暇を見て出来る。

義母の家を終わらせることで、しばらく気にしなくても良いので気が楽になった。

願わくば、この一回の軒下除雪で終わらせてくれればありがたいのだが。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.02.06 Mon l 北国の冬の暮らし l コメント (2) l top

コメント

No title
雪祭りも始まりますねv-276
今年は雪が多いから、キレイな雪が集められてよかったと
聞きましたが
北海道も場所によって全く違うのですね
明日以降、こちらも雪の予報です
寒いから、やだなぁv-404
2017.02.07 Tue l hana. URL l 編集
Re: hana さん
hana さん コメントありがとうございます。
この辺りは札幌から旭川方面に向かって50キロほどしか
離れていませんが、いつもはこの辺りは雪が多く、札幌は
少ないのが普通です。
しかし、今年はこのあたりは少なく、札幌は雪が多くて
市内の車の渋滞がすごかったようですね。
雪まつりでは近場から雪を運べるので、雪を運ぶコストが
少なかったようですが、除雪費用はそれ以上でしょうね。
2017.02.07 Tue l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿