2017. 4.23 日曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


一昨日の事だが、用事があって愛妻と、千歳の娘1号の家に行って来た時のことだ。

娘1号はパートをしているが金曜日は休みのはずで、用事のついでに足を延ばした。

家の前に来ると、家に人影はなさそうで、娘1号の携帯に電話した。

なかなか携帯に出ないので、そばにいないのかと思って、今度は家電に電話した。

少し電波状況が悪いのか、雑音入りながらも電話口に出てくれた。

「×××(聞き取れなかった)○○(娘の名字)です」と少しかすれながら聞こえた。

とっさにいたずらを思いつき「母親は預かった」と言うと、聞きなおされた。

再度「母親は預かった」という、意味の分からない対応となってしまった。

今までも、孫を誘拐しに行くなどとふざけた電話は結構している(笑)。

今更いたずらと言う訳にももいかず、愛妻にそのまま携帯を渡し引き継いでもらった。

愛妻が何やら話して「◇◇(娘の名前)かい」との会話が聞こえた。

その後、「今日は休みだが都合で仕事先に来ている」とのことがわかった。

愛妻が仕事終了時間を確認すると、間もなくとのことで、スーパーで時間つぶしした。



時間が経過したので、娘の家に行くとすでに車が帰ってきていた。

玄関には人影が見えて、今帰って来たらしいのが見てとれた。

孫らはまだ学校の時間で、帰ってきてはいなかった。

娘1号が顔を見せるなり「勤め先の電話でいたずらはダメ」と言い始めた。

意味が分からず、色々確認していると、娘の勤め先の電話に掛けたようだ(悲)。

自分は、携帯で登録している娘の名前で検索した電話に掛けたのだが・・・。

勤務先の電話へ、ふざけた電話をかけてしまったのだった。

しかも同性がいるようで、「○○(娘の名字)です」は別の人だったのだ(笑)。

「母親は預かった」はさぞかし驚いた電話だったと思うが・・・・。

愛妻の「◇◇(娘の名前)かい」の◇◇が聞こえた娘が、電話に変わったのだった。



結果的には、娘の勤務先に電話をかけて、脅迫めいた電話を掛けてしまったのだ。

それを聞いた自分は、いつもいたずら心を出すことを(一時的に)反省したのだが。

近所の孫3号から我が家に内線がかかって来た時は「はい山田です」と偽名を名乗る。

内線は、内戦がどうにか通じる、近所の娘宅からしかないので出来るいたずらだ。

そんないたずらを娘1号も知っていて、「母親は預かった」でも意味が通じると思った。

今回は娘の勤務先に、そんないたずらの脅迫電話かける結果となったのだ。

それを知って一時的ではあるが、自分の浅はかさに落胆した出来事だった(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.04.23 Sun l 普段の生活 l コメント (2) l top

コメント

No title
お早う御座います。
たびいくひとさんの落胆振りが目に浮かぶようです。笑(笑ってすみません)
昨日の「なぜ気が付かなかったんだろう」については「昔はこんなことが無かったのに」」と落胆し、娘さんに怒られた時は「昨日まで怒っていた子供に怒られるようになってしまった」と寂しい思いをする。
身につまされますね~。歳はとりたくないですね~。
2017.04.24 Mon l ひで. URL l 編集
Re: ひで さん
ひで さん コメントありがとうございます。
情けないものですね。
登録した電話番号に頼り過ぎなのでしょうね。
かと言って、自分の携帯番号を覚えるのがやっとですので、
やはり頼らざるを得ませんね。
娘に本気で怒られるのも間もなくなのでしょうか・・・。
2017.04.24 Mon l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿