2017. 6. 9 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


有り難いことに、第1の職場の退職後も 第2の仕事に有りつき 11年が過ぎた。

まだ60歳以前の時は、年金も未支給時期だったので、精力的に仕事した。

多少効率の悪い仕事も有ったと思うが、60歳近い新人(笑)として働いたつもりだ。

頑張っても所得の差は大きくないが、多少の差でも生活には重要で自己満足もある。

年数を重ねると段々ずるくなる(笑)のか、要領が良くなって来るのを自分でも感じた。

仕事の月日を重ねて行くうちに、年金受給の年齢にもなって心に余裕が出て来た。



そうなって来ると、仕事にも貪欲さがなくなり、目標達成への意欲も薄れた。

勤めは65歳頃までとなっていたが、70歳まで仕事が出来るようになったのだが。

体の動くうちに日本一周(二周?)の夢をかなえたいと、今年の9月でリタイアする。

リタイアを決めると、すでに死に体となっているのか、仕事も気楽になって来る。

愛妻にも、「最近意欲が無くなっている」と、心底を見過ごされていている。

無理をせずに(笑)、あと3カ月半を過ごそうと思っていたのだが・・・・。



こんな状況でも仕事は次々と舞い込んでくるので、嬉しいのやら悲しいのやら(笑)。

今月はさほど忙しくないと思っていたのだが、ここにきて結構仕事が舞い込んできた。

事前に予約が入っている仕事もあるが、当日電話がかかってくる仕事もある(笑)。

ここ1週間ほどのうちに、半月分の仕事量が予定されているので忙しいのだ。

置かれている環境にもよるが、この年齢でも仕事が出来ることは幸せだと思う。

反面、リタイアを待ち通しく思う自分もいて、ちょっと複雑な気持ちだ。

6月と言えば、北海道でも家庭菜園や花畑の草取りに忙しい時期でもあるが・・・。

あと3カ月と少ししか出来ない本来の仕事も、有り難くさせてもらおうと思っている。

あと1週間はブログを書く時間を惜しんで(嘘)、仕事にも頑張ろうと思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.06.09 Fri l 普段の生活 l コメント (4) l top

コメント

辞めると決めると死に体?
こんばんは、接ぎ木の野菜作りなど参考にさせていただいています。退職日が決まると意欲がなくなるとのお言葉ですが、逆に期限が切られると今まで以上にキチンとした仕事を残さないといけないとか、引継ぎのために丁寧なマニュアルを作ろうとか思って時間がいくらあっても足りないなんて状態になったりするんですよね。あとしばらくですがたびいくひとさんなら充実した期間ですね。
2017.06.09 Fri l さかやん. URL l 編集
Re: 辞めると決めると死に体? さかやん さん
さかやん さん コメントありがとうございます。
第1の職場を退職するときは周りに内緒で進めていました。
1年前から退職の準備をしていて、引き継ぎ書やマニュアルは
びっくりするほど丁寧に準備していました(笑)。
今の仕事に付いた時は、引き継ぎもほとんど無しで、
ぶっつけ本番でしたので、今回はさほどの引継ぎは
ありません。
今の仕事の成果は数字で表れますのですが、なんだか
力が入りません(笑)
2017.06.09 Fri l たびいくひと. URL l 編集
お疲れ様です。
オッカイポです。
私は一昨年の9月に65歳で退職しました。「仕事をしている時が花だよ」という先輩の言葉を実感する日々です。虫のいい話ですが、体と心に負担の少ない仕事があればいいなと思います。妻は非常勤ですが、月に5日~9日ほど元の職場で仕事をしています。手に職(看護師)を持つという事は強いものですね。私が日本一周できるのは、いつになるか分かりませんが、たびいくひとさんの日本2週目の旅のレポートを楽しみにさせていただきます。
2017.06.10 Sat l オッカイポ. URL l 編集
Re: お疲れ様です。 オッカイポ さん
オッカイポ さん コメントありがとうございます。
私が2つ年上と言うことでしょうか・・・。
人間(自分だけ?)は勝手なもので、都合のいい時だけ
都合のいいことを考えて言います(笑)。
自分も働いていると仕事をやめたい、仕事を辞めると働きたい・・・。
きっと口には出さないがそんなことは分かっているはずですが・・・(悲)。
結局自分の置かれている立場に満足しないんですね(笑)。
愛妻は15年前まではパートで働いていましたが、その後は
専業主婦をしていますので、自分の早期退職は心配
だったのだろうと思います。
もう年金受給者になっていますので、何とか食べて行くだけですね。
2017.06.10 Sat l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿