2017. 8. 3 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


最も暑い8月に入ったが、北海道は朝夕は涼しくて長袖がほしいくらいだ。

日中では、さすが外の畑作業は汗だくになるが、蒸すことはなく過ごしやすい。

7月の方が暑かったくらいで、窓を開けていると部屋の中は25度くらいだ。

8月に入り、9月のリタイアまであと2カ月となり、待ちに待ったリタイア生活に近づく。

リタイア後は全く働く気は無く、あとは印籠や権力は無いが隠居生活をするだけだ。



今の仕事は、1カ月に1~2件の課題のある仕事もあり、自分は「宿題」と呼んでいる。

その「宿題」は月によっては件数に波があり、多い時も少ない時も色々だ。

リタイアまで2カ月に迫ったそんな月だが、今月は今までになく「宿題」が多い月だ。

決してリタイアするから宿題が多く出された訳では無いが、幾つか「宿題」が重なった。

全く別々な課題の5件が「宿題」となり、しかも全てが盆前の期日で重荷を感じていた。



普段の仕事と違い、1件ずつ期日が切れられていて、その処理に神経を使った。

忘れては大変なので、課題に有った案件を探したり、相手と連絡を取ったり追われた。

おかげさまで期日に間に合うように、「宿題」を進めることが出来ていた。

1件処理するごとに、少しずつ心の重荷が解かれて行く感じがして行く。

そして今日、最期の「宿題」を終わらせ、報告書を提出した(嬉)。

セミリタイア最終月の来月は「宿題」は1件も無く、もう重荷を感じることは無い。

あとは日々予定してある仕事を進めて処理するだけで、1日ずつリタイアに近づく。



先日依頼主との電話で、仕事の後継者との引き継ぎについて伺いを立てた。

自分が前任者から受け継いだ時は、仕事の引継ぎは全て前任者からだった。

ところが、後輩の話を聞くと、前任者からの引き継ぎは全く無かった人もいるとの事。

全てを依頼主から教えられた人が多く、自分が引く継いでもらうときの伺いを立てた。

自分としてはどちらでも良く、指示に従うことにしようと思うのだが。

ただ心配なのは、10月の仕事を引き渡した直後に、いわゆる「宿題」があるのだ。

その「宿題」は当然、後継者の担当と思うが、事前準備がいるので間に合うか。

そのあたりもお伺いを立てているので、その指示に従うつもりだ。

いずれにしても、あとは粛々と役割をこなすだけなので、心軽やかに過ごせると思う。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.08.03 Thu l 普段の生活 l コメント (4) l top

コメント

No title
こんにちは、年下なのに早々と隠遁生活を送っており、誠に申し訳ないような感じの私です。
後任の方への配慮など最後のお仕事に力を注がれておられます。私、サラリーマン時代はどれだけ引継ぎをしても心配でした。後任の方が苦労されないかといつまでも心配していました。単なる貧乏性なだけですけどね。
2017.08.03 Thu l さかやん. URL l 編集
Re: さかやん さん
さかやん さん コメントありがとうございます。
人生人それぞれですので、年齢による隠居は一がい
には言えませんよね。
自分は56歳で退職してしまったので、その後数年食べる
ために働いたのが今になっただけです(笑)。
自分も何度か引継ぎをしました(少ないと思いますが)が
自分は伝えることはきっちり伝えると、あとは相手次第
なので、振り返らないことにしています。
単なる無責任なんでしょうか・・・(笑)。
2017.08.04 Fri l たびいくひと. URL l 編集
No title
あと2ヶ月
楽しみに待っていたフリーの身が近づいてきましたね

家は身体を壊してでの、定年を半年後に控えた頃での
予想より早い退職でしたので
指折り数えて待っていた感がなく
週末田舎暮らしが毎日田舎暮らしに変わっただけという・・・

たびいくひとさんがワクワクして待っているのを知っているので
私までカウントダウンをしそうです
2017.08.04 Fri l hana. URL l 編集
Re: hana さん
hana さん コメントありがとうございます。
そうなんです・・・心待ちにしているんです。
もういいだけ働かせてもらいましたし・・・悔いはありません。
ダーリンさんは、退職を待つ余裕もなかったと言うこと
だったのですね。
昔は退職後は海岸近くの田舎にこもりたいと思っていましたが、
現実は家もあるし、子どもたちもいるし・・・挫折しました(笑)。

2017.08.04 Fri l たびいくひと. URL l 編集

コメントの投稿