2017. 3.25 土曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


物事を実践しそれなりの成果を得るためには、経験が必要だ。

家庭菜園でナスやトマトを収穫するにも、苗を買ってくるところから始まった。

そのうち苗代に10,000円もかけるのがもったいなくなり、安い苗を探した。

それで終わらず、いずれ種を買ってきて、自分で苗をつくるようになり現在に至る。

播種時期や水やりなど、経験と反省を繰り返しながら、何とか納得できる苗になった。

それでも向上心もあり、今度は病気に強い苗にしたいと、接ぎ木に挑戦している。



接ぎ木などしたことが無いので、ネットで調べて台木用の種を買った。

接ぎ木の負荷による生長休止も念頭にいれ、今までより播種時期を少し前倒しした。

あとは種屋さんの情報を基に、ナスもトマトも台木を 穂木より1週間早く種まきした。

北海道の外はまだ冬の世界なので、当然家の中の育苗で光が十分に当たらない。

やはりひょろっとした徒長した苗になることは避けれない。

しかも生長が遅いらしく、接ぎ木時期になっても細すぎて、接ぎ木を1週間延期した。

今日、ナスの接ぎ木準備のため、台木を128穴トレーからポロバチに鉢上げした。

鉢上げした茄子の台木はこんなふうになったのだが・・・・。

20170325 (1)R

そして作業して初めて気付いた・・・・鉢上げするにも苗にストレスがかかることを・・・。

128穴のトレーから苗を抜くにも、根が土にしっかり絡んでいないので土が残る。

20170325 (3)R

台木の根に負担をかけてしまい・・・さらに1週間接ぎ木作業を延期することにした。

20170325 (2)R

穂木の苗もまだ小さく、そうすることが最良の判断だと考えての事だ。

来年(旅に出るので実際には再来年)は、台木は初めからポリバチに播種することに。



昨日午後に、隣の(みたいな近所の)娘2号から、内線電話がかかって来た。

土曜日と日曜日の予定がなければ、2連泊で泊まりに来たいとのこと。

孫2号は多人数が嬉しいらしく、来た時からテンションが高い。

家庭学習をしたり、自分とオセロをしたり、婿殿2号とはしゃいだり楽しそうだ。

その内1人遊びを始めたが・・・ふと気が付くと何やら創作中だ。

20170325 (0)R

子どもの遊びの発想は、大人も驚くほどで、感心してしまう。

早速写真に収めて、ブログのネタにしてしまった。

三脚を使ってカメラ移動させないで写せばよかったと・・・・ここでも反省した。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.25 Sat l 自産自消の少農生活 l コメント (4) l top
2017. 3.24 金曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


小さい時から時代劇が好きだったが、数年前から急に時代劇が無くなった。

ゴールデンタイムの不動の月曜日8時に君臨していた水戸黄門でさえ消えて行った。

テレビが出始めてから、月光仮面などのヒーローものと時代劇が番組の王道だ。

この歳になっても時代劇は好きなのだが、夜の番組では見る機会が減った。

時代劇のほかには、歌番組もクイズ番組もホームドラマも減った。

その分番組として増えたのは、推理番組とバラエティー番組の様な気がする。



月~金曜日まで、桃太郎侍や水戸黄門の再放送があり、視聴率は気になるところ。

昼間なのでなかなか見る機会がないので、水戸黄門を録画して見ている。

20170324.jpg
               画像は【歴代の水戸黄門】から拝借

東野栄次郎の後は西村晃が引き継ぎ、現在の放送では佐野浅夫が活躍している。

その後、石坂浩二がそして最後は、番組で助さんや格さんをも演じた里見浩太郎だ。

調べて見ると、1969年から2011年まで42年続いた番組のようだ。

1969年と言えば自分の20歳の時だが、子供の時からあったような気がする・・・。

全1227回の平均視聴率22.2%というから、驚異的な数字だ。

最高視聴率は、1979年2月5日に記録した43.7%だと言うから驚く。

視聴率が取れるのに消えて行ったのは、制作費用が膨大にかかるからなのか・・・。



世界でも有数の長寿番組となった水戸黄門は、なにが魅力だったのだろうか。

見る者にとっていろいろな魅力を感じるのだろうが、自分なりに考えてみた。

もちろん、かげろうお銀の魅力もそうだろうが(笑)、まずは結果が明確なことか・・・。

ストーリーの設定は違うが、最後は悪代官や寄りそう商人とやくざな十手持ち退治。

最後の印籠は、自分たちには持ち合わせていない絶対的な権力の象徴だ。

これさえあれば、世の中どんな困難でも打ち勝つことが出来る魔法のグッツ。

藩の殿様の指示には従わなくても、印籠にひれ伏す姿は、正義の象徴なのだろう。

途中からは結果が分かって来るので、全てを見なくても分かるところも良い・・・。

ドクターXの大門未知子「私失敗しないから」に共通する安心感なのだろう(笑)。

今まで録画していた水戸黄門は、1日分しか見残っていないほどよく見る。

テレビ権は自分が多く握っているので、愛妻が「また水戸黄門」と笑うほどだ。

今日から第25シリーズに突入し、まだまだ暇を持て余すことは少ない。



結果が分かり切っている番組が好きな反面、推理ものの番組も愛妻とよく見る。

これは水戸黄門と違って、最期まで結果が出ないのも魅力だ。

番組が始まったとたん、それぞれが自分なりに推理し、2人で犯人捜しをする。

そのポイントは、悪人臭くなく、誰も疑がわない人が怪しいのだ(笑)。

最初はあまりストーリーに関係なさそうな人が映し出されると、疑ってかかる(笑)。

全く推理が外れててしまい消沈するやら、早いうちに犯人を当てて胸を張ったりする。

推理ドラマで活躍していた渡瀬恒彦さんが無くなったのは、驚きだった。

警視庁捜査一課9係が、始まる話を聞いていたので、病気だなんて知る由もない。

十津川警部やタクシードライバー、おみやさんなどは、よく見ていた。

自分と同じような世代の好きな俳優が、亡くなったと聞きショックも受けたが・・・。

冥福を祈りたい。

こんな推理好きはやはりテレビ人間の証拠で、車中泊でもテレビの見る環境が必要。

車中泊の時はブログに忙しいので、自然とチャンネル権は愛妻に移るのだが・・・(笑)。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.24 Fri l 普段の生活 l コメント (6) l top
2017. 3.23 木曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


昨日から今日にかけて、北海道のこの辺りは、久しぶりに雪が降った。

と言っても湿った雪が10センチほど降っただけなので、道路はすでに解けてしまった。

     20170323 (2)R

気温が高くて直射日光があるところは、雪はあっという間に融けて蒸発していく。

この地域では12日ぶりの降雪で、大した量が降ったわけではないが・・・。

付近の観測所の積雪量
月日3/123/133/143/153/163/173/183/193/203/213/22
残雪43㎝42㎝41㎝39㎝37㎝34㎝31㎝28㎝25㎝21㎝26㎝
月日3/233/243/253/263/273/283/293/303/314/14/2
残雪           




積雪も5センチ増えてしまったので、1日3センチ減ることを考えると2~3日の逆戻り。

今まで順調に雪が減って行っただけに、何だか気分的には残念な気がする。

一進一退?三寒四温?3歩進んで2歩下がる?など、すこしずつ季節が進む。

これぐらい湿った雪なら、積もった雪もすぐ融けてしまうだろう。

20170323R.jpg

今日からまた、1週間ほどは天気がいいみたいだ。

そんな日を過ごしていると、すぐに4月になってしまうのだろう。

やはりこの時期になると春を待つばかりで、冬が早く明けるのを期待する。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.23 Thu l FC2との戦闘記 l コメント (2) l top
2017. 3.22 水曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


いつのころからなのか、クーリングオフという制度が出来た。

一定の期間内なら、消費者が一方的に契約を解除できるとする制度である。

契約した後、頭を冷やして冷静に考え直す時間を、消費者に与える制度だ。

言わば強く勧められて買ったが、後になって後悔した場合に解約できる。

自分にとっては、なにを進められても衝動買いは無いので、この制度の利用は無い。



先日ブロ友のさかやんから3月16日の記事にこんなコメントを頂いた。


 私なぞ子供たちが幼いころ。
 寝顔を見ながらお前たちが18歳になるまで警察の世話にならないぞ。
 と自分自身に言い聞かせていました。


このコメントの「○○歳まで」のフレーズを聞いて、クーリングオフを思い出したのだ。

クーリングオフは一定期間返品可能なのだが・・・これは一定期間返品禁止の話だ。



自分は、父が家を建てている最中に54歳で急死して、家を守るため東京から戻った。

翌年には再就職でき、餓死することもなく、その後結婚して家族にも恵まれた。

結婚した相手は、同期に同じ職場に就職した5歳年下で、内部利用の職場結婚だ。

そのお相手はもちろん現在の愛妻で、愛妻が二十歳の時に結婚した。

愛妻の成人式の日には、お腹に娘1号が宿っていた(フライイングではない)。

愛妻の両親からは、結婚の条件として「25年は返品しないこと」と言われたのだ。

この「○○年は」と、先ほどの「さかやん」さんのコメントの「○○歳まで」が重なった。



おかげで結婚して25年間は、波立ったこともなく返品など考えたこともない。

結婚してから44年だが、母とも円満に過ごしてくれて、緊張状態になったことは無い。

その分、仕事に打ち込め、子どもらにも邪魔扱いされることもなかった。

本当にありがたいことで、「感謝」「感謝」で、愛妻には頭が上がらないのだ(笑)。

だが、今になって、自分が返品されなくてよかったとも思っている(笑)。

妻は「25年が返品禁止期限」だったが、果たして夫にも期限があったのだろうか・・・。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.22 Wed l 普段の生活 l コメント (6) l top
2017. 3.21 火曜日

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →


日本一周の旅のほとんどは、下道を走ることをモットーにしている。

よっぽどの理由がない限り、高速道路は使わずにのんびりと低コストで走るのだ。

仕事の時も、高速代金は実費支払いしてくれるが、時間が許す限りは下道だ。

移動時間が少ない時だけ、高速道路を使用しているが、1年に4~5回程度か・・・。

今日は車で1時間30分ほどの距離の仕事だが、8時までに着きたかった。

下道を行こうと思ったが、思ったよりも出発が遅れて、仕方なしに高速を使った。

おかげで十分に仕事に間に合い、あせることもなく穏やかに運転出来田。



仕事で使う車は軽自動車のワゴンRで、以前使っていたワゴンRより燃費が良い。

以前のワゴンRは16.0km/L程だったが、今の車は買ってから14カ月で20.4km/Lだ。

夏の期間は23km/Lほどだったが、やはり冬期間は燃費が悪く18km/Lほどだった。

今日、高速道路を走っていて、110キロ走行で平坦な道路で15km/Lほどだった。

少し登りの坂道になると13km/Lで、下りでは17km/Lほどだった。

高速道路での燃費は、下道に比べ極端に落ちることがはっきりした。

一方、帰り道は急ぐこともなく、下道の国道12号線を走って来た。

平均燃費をリセットし、暖かくなったこの時期の平均燃費を調べた。

20170321 (9)R

50~60キロを走っても平均燃費が、25.8キロなのはまずまずといったところ。

田舎町だが、市街地を通過しての燃費なので、信号がないともっと伸びるのだろう。

高速道路の燃費の悪さと、春の下道の燃費の良さを同時に感じた協だった。

春は何だか、気もちと同じように、車も軽くなったような気がした。



今日初めて気が付いたが、我が町の農地の雪もこんなに融けていた。

20170321 (12)R

雪と地面が筋になっているのが分かるが、融雪剤を散布していたところだろう。

20170321 (13)R

すでにこんなに融けている所もあり、やはり融雪剤の威力は大きい。

これからますます気温も上がり、燃費も良くなり雪も消えて行くのだろう。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

        ← 古い記事へ      新しい記事へ →

※ コメントを歓迎します。
この旅ブログに迷い込んだ「旅人」は下の
「車中泊の旅」「 野   菜 」「定年後の暮らし」を
クリックしてほしいと思います
  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡  ↡
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
クリックして頂くと励みになりますのでお願いします

2017.03.21 Tue l 北国の冬の暮らし l コメント (8) l top